2021F1開幕|UFC260|武尊vsレオナ・ペタス

ついに開幕しましたね!F1グランプリ2021が!

昨年は歴史的なフェラーリの凋落に、メルセデス無双に磨きがかかり、個別のレースでは面白いのあったけどシーズン通しては個人的に凹んだシーズンでした^^;

今年もどうなることかと思いましたが、見どころ満載です!やばいです。そして、開幕戦バーレーンGPは、予選の段階から最高にエキサイティングでした。

いい。今シーズンはいい!!

2021F1シーズンの見どころ

見どころ1:チームメイトバトルがアツい

目の前のライバルであるチームメイトに勝つのがまず大事ですね。今年は大注目の対戦カードだらけです。

フェラーリのシャルル・ルクレール vs カルロス・サインツ!

これも相当大注目ですね。サインツが予選まで結構がんばってお、、、と思ったものの、Q3はルクレールががつっと勝利!レースもさすがでしたが、サインツはトラブルもあったので、まだまだなんともいえませんね。

今後の数戦である程度見えてくると思いますが、1年を通じて注目のマッチアップです。

次に注目してるのは、アルファタウリ。ピエール・ガスリー vs 角田裕毅!! 

日本人ドライバーとしてかつてない期待と待遇を受けてのデビュー。そして、プレシーズンテストでもインパクトを残しました角田。

本当に日本人初のF1優勝、、、を期待させてくれます!優勝のためには優勝できるマシンに乗らなくては。レッドブルに昇格するにはガスリーをやっつける必要があります。

今回はガスリーにやられましたね^^; しかし決勝ではオーバーテイクし続けて9位になりました。序盤戦はガスリー優位だと思いますが、1年を通じて大注目です。

そしてマクラーレンのダニエル・リカルド vs ランド・ノリス。

ノリスはかなり良いドライバーですね。ルクレールとシート入れ替えても同じくらいのパフォーマンスを出すんじゃないかと感じさせます。ルクレール同様、未来のワールドチャンピオン候補だと思っています。

そのノリスが、強敵リカルドを迎えます。これは楽しみです。。。

開幕戦はノリスがしゃかりきに勝ちに行きました。リカルドはあまり無理しないようにしてるように見えましたが、この戦いもどうなることか・・・

ああ、もちろんペレスがどこまでやれるかも注目してます。とはいえマックスに勝てるイメージはないんだよなあ。。。

見どころ2:ルイス vs マックス

開幕戦の感じからすると、メルセデスとレッドブルは同レベルにある感じです。

今回はレッドブルが少し良さそうでしたが、これはサーキットによって変わってくる感じがします。

また、当然ながらシーズン通しての開発競争が重要ですが、もろもろ制限されている中で言うと、今年はドライバーの腕、チームの総合力がかなり需要になりそうです。

開幕戦はルイスがとりましたが、マックスが勝つこともできたと思います。予選も決勝も、このままなら今年はドライバーの腕がかなりモノをいうはずです。

そんな中でチャンピオンの最有力はルイス・ハミルトンとマックス・フェルスタッペンでしょう。開幕戦からアツかった。この二人が1年かけてどう戦うか、、、楽しみしかないです。

見どころ3:フェラーリ復活なるか?

F1を中三から見続けてはや31年。もうフェラーリなんですよ、私にとってのF1は。

昨年があまりにもだめだったので今年は伸びしろしかない、、、と思ってますが、どこまで戻ってるか。

開幕戦を見る限り、レッドブル&メルセデスがTier1。マクラーレンとフェラーリがTier2って感じかなあ。

その下も僅差ですね。今年はマシン性能差が縮まったように見えるので楽しみです。

見どころ4:元チャンピオンの動向

アロンソ復活。

どうなの?と思いましたが、開幕戦見る限り予選も決勝もさすがですねえ。。。なんかうまさは健在って感じ。

アルピーヌはマシンにやや劣る印象はありますが、アロンソならシーズン中どっかでハイライトを作ってくれそうな予感。

対照的にいまひとつなベッテル。ストロールに惨敗してしまいました。。。これは心配。。。テストもうまくいってなかったので開幕戦だけみてどうとは言えませんが、波乱含みのスタートですね。

ストロールはデビュー時とは打って変わって良いドライバーになりつつあると思いますが、ストロールに負けてしまうようではベッテルは引退を余儀なくされるでしょう。

1年を通じて巻き返して欲しいものです。

ビッグネーム。シューマッハの復活

ついにミックシューマッハがF1デビューですねー。感慨深い。

まあ、正直個人的な興味という意味ではそんなにはないんですが、とはいえ無視もできない、という感じです。

F2王者であるミックはキャリア的には文句なしなんですが、なんだろう。実際F2見てないし、角田の方が明らかに期待されてますね。

でもミックに注目が集まりすぎるのは彼にとってもよくないことなので、本人的には結構ラッキーと思ってるかもしれないですね^^

UFC260 スティーペ・ミオシッチ vs. フランシス・ガヌー

UFCのヘビー級は、素手の格闘技においてもう人類最強といっていいと思うんですよね。。。身体もでかいし動きも速い。これは下の階級の人は絶対勝てないですよ。。。

その中でもフランシス・ガヌーの身体はやばい。。。モンスターですよ、これ。

しかしスティーペは技術があり、凄まじい豪打を持っています。しかも一回ガヌーに勝っている。さてどうなるか。。。

試合始まっても、スティーペは全く手が出ませんね。なんか身体のキレがわるく鈍く見える。一方のガヌーは弾むような身体のキレです。

ガヌーの強さはやばいし文句のつけようがないのですが、なんか、、、スティーペ・ミオシッチが悪すぎるようにも見えました。試合後の情報フォローしてないのですが、絶対本調子じゃなかった気がするなあ。

それともあのスティーペを縮こまらせるくらいの強さをガヌーがまとっていたのか。

自分の剣道を引き合いにだしてはなんですが、ひとまわり強いとなんもできないというのはあるんですよね。下手に打ったらやられるのもわかるから、結局下がるしかなくなるというような。

しかしスティーペも意地でいいの何回か当ててましたが、ガヌーは耐えちゃいましたね。やっぱフィジカルすごいし、この試合に限ってはスティーペを完封したので技術的にも勝利といっても良いのではと思いました。

武尊 vs. レオナ・ペタス 感想

いやー、感動した試合でした。すごかった。

今回、武尊は分がわるいか・・・?という雰囲気がありました。

天心との試合がかかってる。負けたら引退。相手は勢いに乗っている強打者。

武尊は非常にきつい試合だったはず。しかし、すごかったですねー。ほんとすごかった。

試合始まってすぐ思ったのは、レオナに対しても武尊の方が圧が強いということ。ジリジリ攻めることができました。自分が思うに、この圧というのは強さの総合力だと思っています。

もちろん、相手を引き込んで攻撃するタイプもいるので、単純に前に行ってる方が強いというわけではないのですが、ぎりぎりの打ち間の攻防見てると、武尊のほうが地力が上というのを自分は感じました。

ただ、地力が上の方が勝つということでもないです。一まわりも二まわりも上なら別ですが、このレベルでの差であれば、どっちも相手に勝つことはできるわけです。

さて、武尊はキックが相変わらずべらぼうに速いですね。今回はカーフも蹴ってたし、割と速いタイミングでレオナのふくらはぎが赤くなってしまっていました。

レオナの打撃もヒットして、武尊は何回か腰が落ちそうになりました。結構効いていたとおもいます。しかし踏ん張った。

この僅差の撃ち合いに競り勝った武尊は強かった。身体もそうだけどメンタルがすごいですよ、これは。尊敬です。

戦法的には、柔軟だった武尊に比べると、レオナ選手はちょっと単調だった気はします。ある意味、負けん気、男気で冷静さを欠いたかもしれません。フロイド・メイウェザーみたいな選手だったら、カーフ蹴られたのと自分が主体的に圧をかけられない時点で距離をとる戦法に変更してそれに徹したんじゃないかとちょっと思います。

しかし負けはしたもののレオナ選手もすごい強さを見せた。レオナ選手が勝負に行ったからこそ素晴らしい試合になったと思うし、実際、勝てる筋もありました。本当にいい試合でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました