ハートブレイカーのご帰還

この記事は7年前の記事です。当時の情報、理解に基づいておりますのでご留意ください

思ったよりも早く修理が完了し、「滅殺」の先代、ハートブレイカー様がお戻りになられました。

ハートブレイカー様は、Mesa/Boogieの25周年記念モデルだそうです。

その割りにきわめてマイナーなモデルです。

どれくらいマイナーかというと、今日現在で、デジマートで0件、ヤフオクで0件、eBayでヘッドが1台のみしか出品されてない、、、というくらいのマイナーさです。

正直言って、HeartBreakerの事を書いてある日本語ブログもほぼ無い、という徹底したマイナーぶり。

良く言えば、レアアイテム。

買いたくたって買えないですよ!レアだから!

・・・

というか、どっちかというとほぼ無視(シカト)状態で、相手にされてない感じがしますw
全世界的に、このアンプを欲しがってる人が多い感じがしませんw

・・・どうして25周年モデルがこんなにもマイナーなのか。
限定生産とは書いてないので、単に人気がなかった・・・としか考えられませんねww

おかしいな、良いアンプだと思うんですけどね。

まあ、独特なアンプを使ってるというのも、ある意味カッコいいじゃないか、と前向きに捉える事にします。

このハートブレイカーのこれまでの話は、下記リンクをたどっていくといくつかあります。機能的な事もどっかにまとめてあるので、ご興味ある方はご覧になってください。

→ 
Mesa/Boogieの記事一覧

しばらく前に、とある保管所で電源入れてみたのですが、さすがに古いアンプだし、ガリもひどくなってきましたし、なんかCh1とCh2で音量差が激しくなってたり、途中で音が出なくなったりしてました。真空管っぽいのですが、交換して1年くらいなので、どっかがおかしくなってた疑いが濃厚です。

まあ、そんなこんなでメーカーにメンテに出してましたが、本日、戻ってきたというわけです。

そして、、、

この機会に換装しました。

6L6からEL34に!

→ これやってみたい、の記事

残念ながら、今夜は音出しできませんが、楽器屋さんで、確認のためチェックした際には、いい感じでした!

このHeartBreakerはブーミーな感じが扱いづらかったのです。
誤解を恐れずに言うと、もうちょっとマーシャルチックにハイが出た方が良い気がしていました。

なので、マーシャルが採用してるEL34にしたらちょっと改善するのではないか、、、まあ、そういう発想なわけですw

楽器屋さんがざっと音だしチェックしているのを聞くと、Ch2の歪みの感じがちょっと軽くなってる気がして好感触。

もう何回も書いてるのですが、ハートブレイカーはLove チャンネルとLustチャンネルが用意されています。エロい。

Love & Lust

これ、バンド名にいいかも、とふと思いました。
売れたら「ラブラス」って略して呼ばれる事うけあい。

ロゴもなんか作りやすそうな気が。

こんな名前のバンドって既にありますかね?
よし、空いてたら将来のバンド活動のためにドメインとっておこう、と思って検索したら、.comは既にとられてたorz

コメント

タイトルとURLをコピーしました