土曜日深夜のリハ

この記事は5年前の記事です。当時の情報、理解に基づいておりますのでご留意ください

土曜日の夜はパチモンのリハでした^^

持ち込んだのはMark VとワシノスリことCustom24。

前の記事でRiotを試すといいつつ忘れてました。ペダルは主にTS-808。

良かったんじゃないかと思ってます^^
本番もこれでいこうかな。Dirty Shirleyとは違った趣ですが、録音聞き直してもきちんと2台のギターの音は分離しています。DSの時よりは混ざってますが、それは多分Mark Vのゲインレベルがちょっと高いからだと思いますが、これくらいの方がナチュラルに混ざってるかなという気もしました。

マーラさんはフリードマンJJ-100。
これやっぱ良い。。。

個人的にはフリードマンもう一台買うならJJ-100がいいなと思っております^^
Dirty Shirleyの古臭い感じと、JJ-100のモダンな歪みは対比があっていいなと。

さて、リハではある実験をして大変うまくいきました。

7月4日はキーボードOKP氏が仕事の都合でどうしても参加できないため、キーボード不在です。

そのため、私がキーボード弾くか、、、とも思ったのですが、キーボードのオケを作ってくれれば、ドラムの人がクリックと合わせて同期して弾いてくれるとおっしゃいます。

夢の同期です^^

早速キーボードを弾いてオケを作り渡しました。

そして練習で試したのですが、

・・・完璧。

何回か爆音の中、テストしましたが、ドラムとあらかじめ作っているオケは完璧にシンクロしてました。

すごいです。全然ずれない。

最初心配でずっとドラムを見ていたのですが、きちんとクリック聞こえてるようで終始一貫してました^^

これはすごいーーー。かなり良い感じです。

そして当日の練習録音を聴き直してるんですが、正直先日のライブの時より全然完成度高い。

久しぶりだったので、細かいミスはちょいちょいしてる(特に私含むギターw)のですが、ベースがすごく良くなっていたのと、Voのピッチが安定してました。

もうこの練習音源を「ライブです」といって公開してしまいたいくらいですw

—–

コメント

タイトルとURLをコピーしました