らんでぃさんアンプをバンド練習で使用!

この記事は6年前の記事です。当時の情報、理解に基づいておりますのでご留意ください

全国ツアー中のらんでぃさんシグネチャーアンプ。

マーラさんの手元にあったのをこれ幸いと、バンド練習で使わせていただきました^^

さらなる改良を加えられたようです。相変わらず純白の機体がかっこいいです^^

実は、改良前にもスタジオで2回ほど音を聞いています。
その際の印象は、

・生々しい音がかっこいい。
・マーシャルらしくハイの鋭いキンキン感
・大型アンプに比べるとやや音色の線が細いか。ミドルにもうちょい厚みがあるほうが好み

という感じでした。

この特性を受けて、今回は、ゆうすけさんに借りている35周年記念TS808を持って行きました。

こいつにより、ハイの痛い成分をカットし、ミドルをふくよかにする作戦です。

結論から言うと、この作戦はめちゃくちゃ図にあたった気がしています。
粘り気がでていい感じです。

イエモンのある曲のイントロについては、マーラさんが「原曲まんまの雰囲気」と評してくれました^^ この時はTSはオフでバッファのみ影響してたということになります。

音量的にも全く問題無いです。バンドで普通に使えます。

ボリュームノブを引っ張ると、増設されたゲイン段がアクティブになるようで、歪みが増してきます。

この時はじゅわっとした感じがでてきます。ハードロックな音色になってきます。私としては単体で十分な歪み量です。

あまりたくさんのセッティングを試せたわけでは無いのですが、個人的にはゲインブーストはOFF(ノーマル)+TS808でLEVEL中心にプッシュ、という組み合わせが好みでした^^

あるいは、ゲインブーストONで、TS808は弱プッシュ。これも良かった。

ただ、イエモンのセッティングでは、ペダルオフ時の弱クランチが必要だったので、ノーマル+ペダルプッシュの方が使いやすかったです。

このアンプ。コンパクトだし軽いし、グッドです!

このアンプは弾かせて頂くたびに印象が良くなっていく感じがします^^
大阪で弾かせていただいた時よりも、前回、minamiさんとスタジオで一緒に弾かせていただいた時よりも、はっきりと今回の方が好印象。

ボリュームを結構上げていかないと良さが出ないのでは、と思いましたが、この辺はもっと試してみないとわからないです。

しばらくお貸しいただけるともおっしゃっていただいたので、本当だったらもうちょっと試してみたいところでしたが、ライブ終わるまではなかなかじっくり試すことも出来なそうなので、またの機会に改めてお借りできたらいいな、と勝手ながら思っています^^

—–

コメント

タイトルとURLをコピーしました