ニュー竹刀ゲット

この記事は4年前の記事です。当時の情報、理解に基づいておりますのでご留意ください

まあ、竹刀などは消耗品的なので、わざわざ「ゲット!」とかいうようなものでもないのですが、今回は一味違う。

 

 

 

角度が違うのですが、長さは一緒。

「39」という長さの竹刀。

 

 

以前にも、どうも柄革(手に持つ白いところ)が長い気がすると書きました。

それによりやや右手が突っ張る感じがある。ただでさえ、右肘硬いと言われてるのに。

 

で、先日の稽古の時、剣友や先生の竹刀などを見せてもらう。

 

 

むむ。。。

 

みんな意外に、、、カスタマイズというかいろいろ工夫してるんだなと驚いた。

 

 

ある女性剣士は、柄の根元を垂直に切ってもらうことで、柄の根元がまっすぐになってる。(文章でいうの難しいw)

 

この方が、振ったあとの絞りで左手内の収まりが良いそうだ。

 

あと、意外に38使用者が多かった。

 

24年のブランクを経てリバ剣して約1年=なう、という感じなんですが、とにかく39の竹刀が重く感じたのはよく覚えています。

 

筋力低下もありますが、あれ、竹刀ってこんな長くて重かったっけ、、と。

 

その後、高校生は38を使っていたと知るw

 

 

ちょっとの差なんですけど、結構違う。

 

 

で、まあ正直38にしたいような気がしつつ、そこは意地で39を使いこなせるようにしようと思っているわけですが、どうも柄革が長いので、今回は、「39竹刀で38の柄革」というカスタマイズに挑戦してみたわけです。

 

 

買いに行く暇なかったのでネットで注文したのですが、内心、「こういうカスタマイズ要求をメモ欄に書いて、、、」とか段取り考えていたのです。

 

 

が、驚いた。

 

 

 

 

な、、、デフォルトで柄革は38、、、だと?

これ選んでないです。デフォルト状態でこうなっていたのです。

 

 

というわけで、39竹刀に38柄革はカスタマイズでもなんでもない、ごく普通のことであるということを知った。orz

 

 

そして、これ価格出してるのですが、なんと7000円オーバー!!!!

高級竹刀ですわ。。。

 

こんな高級竹刀買ったことない。。。ので、パス!

 

と思いましたが、一回試してみようと思い、ぽちった。

そのついでに、前から気になっていた別の高級竹刀もゲット。

 

 

 

 

右側の竹刀をみてください!

 

扁平になっています。

 

「小判型」というやつです。

 

 

 

人生初・小判型です。

 

小判型だとなにがいいのか。

 

 

・・・よくしらない。

 

 

知らないけど、なんとなく試してみたかったので。

 

 

 

握った感触では、非常に握りやすい。

というか、木刀と同じ感じ。そういう意味では、「刀」感はありますね。

なんとなく満足。

 

 

しかし、高校の時は竹の竹刀はすぐ割れちゃうので、カーボン竹刀を使ってました。使い勝手は竹刀のほうが良いのですが、何しろ壊れないのはでかい。

 

リバ剣しても、当然カーボン竹刀だろうとおもってたのですが、誰も使ってないので恥ずかしくなって竹の竹刀を買ったわけです。あー、これ消耗品だよな、とかおもいつつ。

 

が、しかしあまり壊れない。ささくれできても、ちょっと削ればOKレベル。

なにげに、、、2本買ったのですが、1年保ってしまった。

 

これならちょっと良いの買ってもいいや、と思ったのもあります^^

 

まあ、あれですかね。高校時代は毎日厳しい稽古してますから、竹刀に対する負荷も全然違うってことなんでしょうね^^

 

ともあれ、日曜日の稽古で小判型投入してみて、また感想書きたいと思います。

 

—–

コメント

タイトルとURLをコピーしました