ノーザンライト これは見たことないけど綺麗そう

スポンサーリンク

この記事は2年前の記事です。当時の情報、理解に基づいておりますのでご留意ください

この2週間くらい、急にギター本体にザワザワきており、気になってるギターが何本かあるわけなんですが、そのうちの一本のカラーが独特だったのでちょっと調べた。

「Northern Lights」というカラースキームです。オーロラっぽい感じということらしい。

遠目よりアップの方がオーロラ感あるかな?

オーロラの空を舞う鳥。

ド派手美しい。

私がチェックしてたのは、もうちょい赤みが強く紫っぽく見えましたが、どうせならこれくらい青&緑な感じがいいかな。あんま見たことない感じなので。

まああと綺麗だけど、指板はオーロラでなくてもいいかもしれない。

まあなんというか、PRSはいろいろ面白いカラーが多くて、新しいのを発見すること自体が楽しいです^^

PRSは細かいところから大きいところまでいろいろ仕様が変わるブランドで、まあその全てがいいのかどうかはわからないのですが、そういうたゆまぬ改善みたいな姿勢が好きですね^^

そういうのにいちいち反応する良いカモとも言えるわけですが、まあ新しもの好きなので。。。

ブリッジの弦のあたるところだけブラス埋め込むとか。

いやあ、これ2015年2月の記事か。もうそんなに経ってしまったか。。。

これ、メッキしてるだけじゃなくて、埋め込んでるのがそそる。

このように挟み込まれてる。手間かかってますね^^

ゴールデンエラの素晴らしいヴィンテージに近づけていこうという方向性ももちろん興味深くて好きなんですが、どっちかというと新しいもの好きなので、PRSは物欲刺激力が強いです。私にとっては。

デザインや作りそのものについても、余計な隙間とか作りの粗いところがなく、極めて洗練されているのも好ましいポイント。

昔はPRSって弾きやすくて綺麗だけどすぐ飽きそうだな、と思って敬遠してたのですが、すっかりファンですね。

今後もどんな面白い材や、面白い機構、工夫、デザインやカラーが施されてくるのか、楽しみです^^

—–

コメント

タイトルとURLをコピーしました