試作品第2号

スポンサーリンク

この記事は5年前の記事です。当時の情報、理解に基づいておりますのでご留意ください

お昼後、すぐさま工作第二弾に入りました。

今度は柔らかい革で作ってみます。

前回の反省を活かして型紙を修正。

このように縫い目の穴を開けてきます。
これは便利な道具があります。

トンカチでガンガン叩くのですが、意外に音がうるさいです。

このように一本の糸の両端に針をつけ、交互に縫っていきます。

主要部分を縫い終わり。

一回やったので圧倒的にスピードアップしています^^

それに、縫い目の揃い方が、前回より全然キレイです。

底面もこの通り。
全部仕上がったら、周辺のコバや余計な部分を裁断するなどしてキレイにしようと思います。

やっぱ縫い目が試作品1号に比べると断然キレイ。

革が柔かいので、フタの部分を二重にしようかと思いつきました。

で、型紙も用意せず適当に切り出して、適当に穴を開けたのですが、、、

これが失敗だった。。。

まあ、失敗というほどでもないのですが、結構キレイに作れてたのに、いきなりしょぼい感じなってしまった。。。

よれてる、、、

四角の部分だけ、裏が折り返されていて太くなってるわけですが。

あとは縫い残しを縫うのと、ベルトを付ければ完成。

試作品2号もまた微妙な味わいのものになってしまいましたw

しかしだいぶわかってきた。

ただ、赤なら赤、茶色なら茶色と同色なのがつまらない。

革を張り合わせて色とりどりにしてみたいものです。

もう一回その練習をかねた試作品を作ったら、次は本番1号機に行きたいと思います。

ギター肘のおかげで新たな趣味に目覚めそう。。。

さて、今からバンド練習です。
その後、ゆうすけさんとスタジオ入り。

あまり弾けませんが、、、

ハートブレイカー様出陣です!

楽しみ!!

—–

コメント

タイトルとURLをコピーしました