Newドラム音源

この記事は6年前の記事です。当時の情報、理解に基づいておりますのでご留意ください

DTMな人で、生ドラムを自宅で叩いて録音、、、なんて人は、まさに真の漢というべきもので、そうそういらっしゃらないと思いますw
なので、普通は何らかのPC上で動くドラム音源ソフトが必要になってくると思います。

まあ「定番」のドラム音源はいくつかあるのですが、その中でも目立ってるのは

1. Addictive Drum
2. BFD

の2つでしょうか。

1のAddictive Drumは、ソフトの動きが速い、なんもしなくても派手カッコいい音色という特徴があり、
たいして2のBFDは、重厚長大だが、ホンモノのようなリアルな音色と詳細な音作り可能、というのが、ネットで情報収集した結果、私の脳内に培われたイメージですw

で、この脳内イメージの結果、1のAddictive Drumを何年か前に購入し、愛用しておりました。

前評判通り、派手カッコいいドラムの音がぽんと出てきます。ソフトの動作も軽快で言う事ありません。音色を切り替えるのも一瞬です。
音色切り替えが遅いと、めんどくさくなるので重要なポイントです。

さて、この両ソフト共、最新版が出ております。Addictive Drumのアップデートは8000円くらいだったので、あげてみるかな、、、いや、どうせだから最新版は軽快になったと噂の聞くBFD3にしてみるか、とも思い、デモ版を落としてちょっといじってみました。

Addictive Drum2。
使い方的には前バージョンとあんま変わらないので、特に迷う所無し。

プリセットを聞いてるだけだと、意外な事に、最新版のほうがちょっと地味になった印象。意外ですw

しかしキックとスネアは共にアタックが鋭くなった印象があり、抜けが良くなった感じがしました。
これは私が悪いのはわかってるのですが、これまでキックの抜けを良くするのがなかなか苦労してたのですが、AD2ではよりコツンと固いアタックを出すのが容易になった印象があります。

BFD3。
個人的にはBFD3は見た目がずいぶん良くなった。

噂通り、山ほど設定項目がありますが、なにがどこにある、というのはある程度DTMのお約束がわかっていれば想像つきますので、特に操作には困らなかったです。

プリセットをならしてみた印象としては、これはAddictive Drumとは全然系統が違うと思いました。

音色が全体的に固く、鋭いです。
キックもスネアも、スコーン!というようなトンガリ感があり、抜けが良いです。

ざっと1~2時間いじった感じ、BFDの印象が良い。困ったw

AD2は、バージョン1の良いところはそのまま保持しており、ああ、これはいいな、という新機能が搭載されておりアップグレードしても全然良い気もする。

もうしばらくデモ版で遊んでみようと思います。

—–

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ ←「いいね!」代わりにポチッとクリックお願いします♫
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ

↑「いいね!」代わりにポチッとクリックお願いします♫

練習
nicoをフォローする
NICO BLOG

コメント

タイトルとURLをコピーしました