レッスンについてつらつら考える

スポンサーリンク

この記事は7年前の記事です。当時の情報、理解に基づいておりますのでご留意ください

なんどかブログでも書かせてもらっているのですが、私、ギターのレッスン通いたいです!

この年齢だと練習時間も限られてるし、効率よく上達したいわけです。

某大手Yはいろんなコースを見学させてもらいました。設備も綺麗だしさすがですよ。
でも、、、なんというかぬるい。正直、どんどん上達していくというイメージわかなかった。

曲を簡単にアレンジしたものをみんなで一緒にあわせて弾いていくというこの授業フォーマットだと、結局スケールの事も、リズムのこともあまり細部に入り込む事無く、ただある程度なぞっておしまいみたいな印象。

これだと、自分でtabで練習してればいいや感が拭えない。

さて、一方で、スタジオミュージシャンなどプロの方の個人レッスンなどにも行ってみたことがあります。

いや、よかったですよ。
レッスンでも非常に役に立つことを教えていただいて、上達スピードは上がった感はあります。

しかしですね、、、基本、行き当たりばったりなんですよね。

「さて、nicoさん、今日はなにがやりたいですか?ニコニコ」

・・・あの、、、それを教えてもらいたいんですけど。

とまあ、こういう感じです。

ライブ前とかそういう時ならいいです。ちょっとこの曲やるんでお願いします!みたいに、こちらがここを見てほしいというのが明確であれば。

しかし、私としては、そういう単発のものではなく、体系的にレッスン受けたいわけです。自分のレベルを判定してもらい、今、補うべきスキルを見抜いて、勝手にばしばし課題を押し付けてきてほしいのですw

やりたい事をやるのではなく、やるべき事をやりたいんですよね。

先日、よっしーさんとランチご一緒させていただいたときに、その辺のスクール事情を聞きました。
(→ 楽しいランチ )

よっしーさんはたくさんのトライをされていて、そういう経験知識を惜しげもなく教えていただいてほんとありがとうございました。

その中でも最大の収穫はあれです、いわゆる「音楽専門学校」というやつの存在です。

ほら、あるじゃないですか。。。
E○○とか○ーザーとか、○○JAPANとか他多数。

正直、こっちはスコープ外でした。
だって、こういうのってプロを目指す若者がマジで行くところですよね?

そこに「全体的に上手くなりたいです」みたいな私が行ったら。。。

なんか、、、なんか、、、申し訳ないじゃないですか。

「社会人コースがあるんですよ」と教えてもらう。それに内容を聞いてると、そうそう、そういう事なんですよ、やってほしい事って!、ということがいくつかあり俄然興味が。

さすがに教室内は全員プロを目指す18歳とかで、私もその場にいて一緒にやるとか、圧倒的に不利な戦いだ!費やせる時間の量が違うじゃん!というか無理!と思ってたのですが、「社会人コース」があるなら話は別だ。

ホームページをぽちぽち見てみる。
とある学校のページにこんなのが。「訪問者別メニュー」

・・・

私がクリックできるの「保護者の方へ」くらいしかないんですけど。

うん、ここは「社会人向け」みたいな甘いコースは用意されてないらしい。普通に月~金の時間割とか載ってるし、無理だ。

というわけで、しばらく調べます^^

—–

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへギターランキング ←「いいね!」代わりにポチッとクリックお願いします♫
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへギターランキング

↑「いいね!」代わりにポチッとクリックお願いします♫

練習
スポンサーリンク
nicoをフォローする
NICO BLOG

コメント

タイトルとURLをコピーしました