合宿にGO その2

この記事は8年前の記事です。当時の情報、理解に基づいておりますのでご留意ください

前回書かせていただいたように、荷物満載で合宿に向かいました。

今回の合宿、いわゆるスタジオ付き宿泊施設に行きたかったのですが、すでに予約がどこもいっぱいでした。
まあ、合宿の日程が決まったのが、3~4週間前と、直前だったのでしょうがないけど。。。

というわけで、わたしの父が、バブル時代で調子が良かったときに建てたログハウスを使うことにしました。バンドの爆音だして大丈夫か?という不安は相当ありましたが。

とにかく出発したわけですが、さっそくいろいろ事件がおきました。

まず、23:00くらいに、先に合流したベースさんと共に、キーボードさん(Keyさん)のご自宅に迎えにいきました。
Keyさんは会社の飲み会があるそうですが、1次会で切り上げて自宅に戻り、我々が迎えにいくという段取りでした。ちょっと予定よりも遅めになってしまったので、近くになってからメールをすると、、、

まだ飲み会です!間もなく終わります!」

な、、、

これは想定外wwww

Keyさんは最近新しく加入していただいたのですが、なんというか、これまで接してきた感じからは、まさかここでまだ飲み会ですとか言い放つキャラではないと思ってたので、ベースと私は完全に虚をつかれましたwww

しかもその後メールに返事がこないw 
まあ10分ちょっとしたらメールがきて、ご自宅近くの駅についたということでほっとしたわけですが。

というわけで合流。キーボードを担いでこちらに向かっているKeyさんの体が左右にふらふらと揺れる。

「こんばんは。すいません。ベロベロです。」

と、わりとハッキリとした語調でそう告げた彼は、車に乗り込んですぐに眠りにおちました。

ともかく予定より多少遅くなりましたが、無事出発。
八王子インターあたりで、ふと気づきました。

気づいた瞬間、全身鳥肌立ちました。

ログハウスの鍵、忘れた・・・

そして気づいてから、すぐに高速の出口が。

とりあえず、左にがっと曲がってとにかく高速を降りた。

どっかに予備の鍵がないかとか、すごい脳みそがフル回転しました。
なにか打開策がないか、、、と。

当然、ないので、自宅までとんぼ帰り。

ベースが優しく、「大丈夫ですよ。まだ東京都だし」といってくれた。
そうだよね、まだ東京だからいいよね。。。50kmくらいあるけど。

Keyは寝てるので問題なし。

まあ、ともあれ、自宅で鍵とって再び高速のって、、、到着したのは、夜中の3時くらいかな。
そこからビールなど飲みつつ寝たのが4時

運転前に飲んだ眠眠打破が効きすぎて、半覚醒状態の眠りしかとれなかった、、、気がするけど、次の日は一日中元気だったので多分ちゃんとねたんだろう。

朝起きて、後発隊が到着するまでに機材のセッティングをする。
写真は途中ですが、完成してもおおよそこれくらいの雑多感でした。

ハートブレイカーはここに拉致られてました。ドラムセットはこの家のものです。父が持ち込んでましたw

スペースの関係で横一直線は無理だったので、なんかこういびつなセッティング。
うしろのダイニングテーブルにキーボードをセット。

ふう、、、終わった。

午前中でしたが、早速ビールを飲みつつ後発隊の到着を待つのであった。

—–

コメント

タイトルとURLをコピーしました