初マーシャルゲット!SV-20H

この記事は2年前の記事です。当時の情報、理解に基づいておりますのでご留意ください

image

ちょっと前の記事に書きましたが、予定通り(?)、マーシャル初ゲット!

正確には、初ではないか。

ギター始めたばっかりの時に、10Wのソリッドステートのなんか小さいアンプ持ってた気がする。

まあ、でも、、、

気分的にも実質的にも、初マーシャルといって良い気がする^^

SV-20Hというモデルです。

プレキシ、、、と一言でいうと怒られそうな感じでもありますが要は、1959 SuperLeadというヴィンテージマーシャルの王道モデルを20Wにダウンサイジングして、センド・リターンや5W・20W切り替えなどの現代的な仕様をアドオンしたものです。

商品説明のオフィシャルページはこちら。

STUDIO SERIES
SV20Hは1959SLPの伝説のサウンドをそのまま自宅で再現します。マーシャル史上最も有名であると言っても過言ではない伝説の名機が、現代のギタリストのために完全に生まれ変わりました。独自の真空管サウンドと20W/5W切替可能なパワーリダクション機能を融合した、ロックギターアンプの決定版です。

image

4穴マーシャルといえばリンク!

ESPテクニカルハウスさんで購入させてもらったのですが、事前に電話して、リンク用のパッチケーブルも作ってくださいとお願いしときました^^

これはまあ、漢のアンプですね。

なんといっても、音量調整が効かない。

いわゆるマスターボリュームがないアンプなので、ちょっと信じがたいほどの爆音でしか鳴りません。

東京、、、でなくても現代日本ならどこでも大体一緒かなあ。少なくとも都市に住んでいてこのアンプを鳴らしたら、常識がないと他人に思われるし、実際、正しいと思いますねww

特に、このアンプで美味しいのは、Loudness(ボリューム)を目一杯上げて歪ませたサウンドだったりするので、ますます普通には弾けない。

私もOXを手に入れてなければ買おうとはゆめゆめ思わなかったでしょう。

→ Universal Audio OX 〜真空管アンプ愛好家の強い味方〜

image

DI OUTには一応キャビシムがあるらしい。

といっても、ダミーロードがあるわけじゃないので、いずれにせよキャビには繋がなければならない、、となるとなんのためにつけたんでかね、これ??ちょっと半端な仕様。ダミーロードまでつけるか、あるいはこれ自体省略するか、どっちかだと思うんだけど。

image

キャビをつなぐオプションはいろいろあり。

image

一番したのは、マーラさんにお借りしているものです。

といっても、マーラさんお知り合いのアンプビルダーさん作なので、マーシャルと書いてありますが、厳密な意味でのマーシャルではないようです。

真ん中が私のSV-20H。

上がminamiさんに借りてるJTM1H。

minamiさんのはJTM45の1Wバージョンなのでちょっと毛色違いますが、まあ、、、、大雑把にヴィンテージマーシャル系ということでくくり、それぞれの音の特徴などを比較してみたいところですね。

で、ちょっと音出してみたんですが、

・・・

うーん、、、これ、爆音だなあ。。。

アッテネータ5段階のうち、3ではうるさすぎて自宅運用不可。

2でも結構なボリュームであります。アンプ側を5Wにすれば2で運用可能かな。20Wではアッテネートレベル2でも結構恵まれた環境でないと厳しいと思われます。まあ流石に1なら平気。

OXはアッテネートレベル2からガクッと音量が落ちるのですが、逆にいうとややスポンジーになってもくるので、できれば3で運用したいところなのですが、ちょっと3は近隣から苦情くるだろうなあ。。。

近いうちに、音も録音してみますので、とりあえずはゲット報告でした^^

—–

コメント

タイトルとURLをコピーしました