ジークラからリハ、そしてセッションへ

この記事は6年前の記事です。当時の情報、理解に基づいておりますのでご留意ください

昨日は、まずお茶の水でminamiさんと合流。

14年製レスポールを眺めたり弾かせてもらったり。

14年製ヘビーエイジド。
真っ黒な指板。

目の詰まったすごい指板です。
色も見事に真っ黒。ハカランダというよりエボニーのよう。近づいてみるとうねってるのでローズウッドなのがわかります。

これは見事です。

同じ14年製で、ここまで色が違います。

左のギターは指板の色こそ茶色ですが、かなり目の詰まった堅そうな指板です。

14年を初めて弾いたのですが、13年と結構違いますね。セッションのために自分のギター(JP1959)を持参してたので、またワンフレーズずつ弾き比べを実施。

14年は、アタックが強く、硬い感じの音がすると思いました。
13年はもうちょいまろやかです。

14年のアタックが鋭く、音の立ち上がりが速い感じを好もしいとするか、14年と比較するとスイートな13年が良いか。

この辺はまた個人の好みになってくるでしょうね^^

ちなみに私のJPを単体で弾いてて、まろやかだのスイートだの思ったことはありませんw
あくまで14年との比較における印象ですので。


————– ジークラからリハーサルスタジオへ ————

minamiさんと共に、事前リハのスタジオに移動。

ここでは、なんとスタジオ備え付けでボグナーのShivaがありました。

アメリカではエクスタシーより人気あるとかないとか。

いい感じでした。minamiさんに弾いてもらってたのですが、ソロなんかとってもかっこよかったです。

通常のロックに十分なほどに歪みますが、ペダル等でもうワンプッシュしたい曲もあるかも。

やっぱボグナーのアンプ、キャビはええなあ、、、。

———— リハスタからセッション会場へ ————–

さて、いよいよセッション本番。

18時スタートなのですが、なかなか始まりません。珍しいです。
どうやら、各バンド、欠員がちょろちょろいて始められなかった模様。また、本来19曲エントリーがあったのがキャンセルが相次ぎ、10曲と少なくなったこともあって、遅めスタートになりました。

Bon JoviのLiving On A Prayerと、Slash のHaloの2曲。

Slashはトップバッターでの演奏となりました。
リードギターminamiさんのおかげでばっちりまとまりました。

ドラムが走ったため、ちょっとテンポがすこし速くなってしまいましたが、まあ良いでしょう。

私としては結構上手く行った!と思ってたのですが、1番手で会場があったまっておらず、やや淡々とした反応。ちょっと寂しい。

2曲めのLiving On A Prayerはほぼラストということでだいぶ間があきました。

またもトーキングモジュレーターでウォワウォワしてきましたよ!

左が私で、まさにウォワウォワしてる最中ですw

いやー、トーキングモジュレーターは最高の飛び道具ですね。
これでウォワウォワしてる最中だけは、ギターの腕に関係なく最も注目されるギタリストになれますww

後半ということで会場もあったまっており、Bon Joviは非常に盛り上がったと思います。大満足w

昨日のセッションは演奏中、非常に気持ちよかったし、いつもより落ち着いて弾けたような気がします。
楽しかったです! 次回は6月です!—–

コメント

タイトルとURLをコピーしました