やはりキタ!PRS Dragon 2020 (35th Anniversary)

 

 

やはり予想通りきました!

PRSのドラゴン最新作が。

 

だいたい5年間隔が続いてますね^^

Private Stock 35th Anniversary Dragon が正式名称のようです。

 

 

 

 

全体の色調は渋い。

ボディの色もかっこいいですね。

Frostbite Dragon Breathというカラーだそうです。フロストバイトってのがカコイイ。。。

 

 

 

ドラゴンのインレイの色調もこれまでのものよりもぐっと落ち着いて渋い感じになってますね。

 

デザインは30thと同じく、ジェフ・イーズリーのようです。

過去のドラゴンシリーズと比較すると、初代Dragon Iに似た感じのレイアウトになっています。

 

 

全体的にダークな色調で統一されているのにインレイはくっきりと見えるのは何だろうと思ったら、輪郭がきっちりMOPかなんかで取られてるんですね。

 

30thは黒い樹脂なのかなんかにまず埋め込んで、それを本体に埋め込んでるようです。

元ネタはPRSのこのページです。30thドラゴンインレイの制作過程が垣間みえて面白いです^^

https://www.prsguitars.com/index.php/blog/post/the_private_stock_30th_anniversary_dragon_behind_the_scenes

 

 

このように30thではドラゴンの輪郭が黒く縁取られています。これはこれでもちろんかっこいいのですが、今回の35thは、これがMOPで輪郭が取られていてそれが綺麗ですね。

 

 

アップ写真がこれしかまだ公開されてないのですが、輪郭がキラキラしてます。

想像するに、30thより一段と凝った螺鈿細工になってるのではないでしょうか。こういうの詳しくないけど。

 

 

ドラゴンの炎のブレス部分は、最近PRSがインレイで使ってる鮮やかな色の鉱物のようですね。それにしても揺らめく感じが炎っぽく見えてすごいなあ。

 

 

ちなみにインレイは30thに引き続きPRS社内ではなく、Aulson Inlay社というところへの外注のようですね。

 

 

 

 

ベースモデルはマッカーティ。

てっきり今回のDragonは594で来るのかと思ってたのですが、ノーマルのマッカーティでしたね。

 

 

PUは408かなとおもったら、TCIというものらしい。なんだろう、これ。知らない。最近出たやつなんですかね。

 

テールピースがSmoked Blackというなんか特殊な加工になってるようで、美しいですね。実物見てみたい。

ボディ材は普通ですが、ネック材がチャルテココ・・・と読むのかな?知らない材ですね。指板はジリコテ。これも聞いたことはあるけどどんな材でどんな見た目してるのかは知りません。

 

 

まあ、まとめると、、、

 

 

 

いやー、かっこいいですね!

 

以前の記事で2020年はドラゴン出るだろうからデザイン気に入ったら買う!とか能天気に言ってたのですが、さて、どうするかな。

 

30thを初めてみた時ほどの衝撃はないのですが、ディテールをみていくとどんどんそそられてきますねー。

 

 

下が30th。

 

今回の35thがこれ。

 

 

 

さて価格はどれほどのものになるのでしょうか!

 

 

—–

コメント

タイトルとURLをコピーしました