マイシグ作戦、発動


ブログを拝見していると、名前をあげるのもきりがないほど、多くのギタ友さんがマイシグ作戦を過去に成功させております。

マイシグとは、My Signature、、、つまりオーダーして好きなように作ろうぜ、ってことですね。ところでマイシグってよっしーさんの造語ですかね??

※作戦の経過が記録されている史料。
→ よっしーさんのブログ

直近ですと、純白に上下を揃えた機体で、誰も予想していないタイミングで突如大阪を制圧した、らんでぃさんのマイシグアンプ作戦は「見事」「戦略と情熱による勝利」「成功の新たな基準」と評判ですね。

→ らんでぃさんのブログ

まあ、そういうわけで、私もあれこれ考えてました。

ボディのタイプやら、どこにオーダーするやら、、、

結論ファーストかつ端的に書きましょう。

・PRSにオーダーの見積もり依頼してみました。
・見積もりがこないだ出ました。
・レリゴー ( Let it go )

名曲Let it Goのサビは私のこのシチュエーションを歌ってるのではないかと思うくらいです。

Let it go, let it go      これでいいの
Can’t hold it back anymore  もう抑える事ができないの

Let it go, let it go      そのまま見積書(It)はGoさせましょう
Turn away and slam the door  過去に扉を閉ざすのよ

I don’t care        みんな(特に奥さん)が何を言っても
what they’re going to say      気にしない

Let the Storm rage on.      嵐よ、吹き荒れるといい
The cold never bothered me anyway  寒さなんか平気よ

最後のColdとはもちろん懐が寒いという意味ですが、少しも寒くないわ、と。
いや、しかし見事にハマりますな。このシチュエーションに。

もっと言うと、Bメロも当てはまりますが、長くなりそうなので割愛。

やはり名曲はいろんなシチュエーションで共感をもたらすんだな。。。ふぅ。

さて、今年は買わないで弾く一年と言いましたが、大丈夫。

なぜならどんなに早くても、手元に来るのは来年でしょうから。
担当の方に、すいません。年内はまず無理です、と言われたので、「ああ、それは良かったです」とお答えしておきましたw 

さんざんブログに書いてるので、仲良くさせていただいてるギタ友さんは、ピンときてしまうのではないかと思うので、聞かれる前に書きますw

・・・

ええ、そうです。ネック&指板をブラジリアン・ローズウッドで行きます!

ただ、今回は、ハカランダを使ったオーダーが世界的に多いらしく、良い材が入荷したら作り始める、という感じだそうです。

他のディテールは秘密、、、ただ、初めてのマイシグということで、ある特別なお願いをしてみたところ、快諾いただきました。楽しみ。。。

というわけで、この話題はまた1年後くらいに^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました