調子の波の高い低い

この記事は2年前の記事です。当時の情報、理解に基づいておりますのでご留意ください

いわゆるバイオリズムというのか、なんでも調子の波ってありますね、どうも。
 
 
囲碁の話なんですけども。
 
 
「囲碁クエスト」という、オンライン対戦できるアプリで夜な夜な、対戦してる訳なんですが、ずっとレーティングで1250くらいを行ったり来たりしてたのに、ちょっとまえに1350まであがってきたわけです。
 
 
で、そこから1400はとても行かない感じで、1250〜1350を行ったり来たりしてたのですが、この1週間で開眼(ってほどでもない)して、勝ち進み、1398までいったのです。
 
あと一回勝てば、レーティングで1400を超え、ついに3級に。。。
 
 
相手は強い感じでしたが、なんとか罠にはめて、よし、勝った。。。
 
 
と思ったら、ある受けを逆から受けてしまい、そこで堤防が決壊して大逆転をくらい負けた。
 
そこから、どういうわけかわかりませんが、負けが先行し、気づいたらレーティングが1320くらいまで落ちていきました。
 
負け方もひどくて、うっかりみたいなのが多すぎ、あるいはなんかよくわからないけど、序盤にいきなり詰んでしまうとか、人が変わったように負け始める。
 
 
がしかし。今日のお昼休みと移動中に再び勝ちが先行し、1370まで回復してきた。
 
なんでなのかわからない。。。やはり集中力の問題なのか。
 
 
こないだ剣道でも「伸び盛りブースト期間」が終了したっぽいという記事を書きましたが、囲碁の場合それがもっと短いスパンです。
 
ギターもそうだなあ。。。
 
 
このところ、地味な指運動をしまくっており、剣道で言ってみれば、ずっと素振りと足さばきしてるようなもんなんですが、少しずつ効果を感じています。
 
とりあえず写真のシロスケですが、楽器屋に持っていって、例の19フレットチョーキング問題を相談せねば。
 
 
 
image
 
 
 

 

—–

コメント

タイトルとURLをコピーしました