バンドマンとしての理想

この記事は5年前の記事です。当時の情報、理解に基づいておりますのでご留意ください

一人で弾くのも楽しいですが、バンドを組んで演奏するのもまた楽しいものです。

一バンドマンとして、理想とするものがあります。
それは、、、プライベートスタジオww

いつでも爆音で弾ける、これ理想。

できれば、何人か集まれるくらいのスペースがいい。

もっと言うと、バンド演奏できるくらいのスペースがあればいい。

さらに言うと、ライブできるくらいのスペースがあったら最高。

こないだ非常にプライベートなことである父の他界について記事を書いたのは、このネタを書きたかったからですw

そう、父はかつてそんな理想を実現していたのです。。。

JR某駅のビルの一室。
すでに取り壊されて存在しないです。だいたい15年くらい前ですかね。

Space Kと書かれたドアが。。。

このドアを開けるとですね。。。

あとは動画で見てもらいましょう!!!

どーですか、、、これ。

この部屋は、父の会社の取引先のKさんが所有されていた部屋だったようです。
Kさんは素人だったのですが一念発起して楽器を始めたそうです。

その時、Kさんが囲碁将棋クラブに貸し出していたこの部屋があまり利用されてなくてもったいない、ということをぽつっともらしたようなのです。

それを聞いた父が、ピクッとして、バンドで使おうぜと言い出しました。

Kさんの許可を得て、天井に吸音材を貼ったり、動画で見るようなバーカウンターや机や椅子や、ドラム台やら赤いカーテンやら、ミラーボールやらをほぼ一人で内装したようです。

もちろんいろんな人も手伝ったはずですが^^

出来上がってくると、そこにメンバーのアンプやらギターやら好きなものを持ち込み、動画のような感じに。

ここに出入りする仲間が増えるたびに、父が似顔絵を書いて壁に飾ってたようです。

まあコアメンバーはだいたい決まってたようですけどね。父はわがままなので、基本自分が自由に使えることを重視していたはずw でもこれだけのスペースですからたくさんの人がきていました^^

この頃私はもう仕事をしており、実家を出ていましたが、母曰く、仕事が終わると毎日ここにきて夜遅くに帰ってきてたようです。

メンバーがそれぞれ仕事帰りに適当に立ち寄り、いるメンバーで練習したり、お酒飲みながら会話して楽しむ。

・・・こんなのあったらもう家に帰らないよなあww

動画でもお客さん入っていますが、割と広いのでここでライブもできるわけです。
父のライブをここで3~4回は見てますし、私も会社のメンバーで急遽組んだ下手っぴバンドで一回ライブやりましたw

当時も一応バンドしてたので羨ましかったです。

でも今ほど羨ましくはなかった!

よりギターにはまってる今は、これが超絶羨ましいです。

いま一番欲しいものは?と聞かれたらギターでもなく、ペダルでもアンプでもない。

自分や仲間が勝手に集って好きに使えるプライベートスタジオ!

これに尽きる。

かなりボロいビルだったはずなのですが、バンドがフル音量でライブしてましたからねw
どうなってんでしょうねw

父の適当な防音工事で足りるわけがなく、そもそもビルが簡易的な防音工事済みだったとかなんとか聞いた覚えもあります。

父の葬儀にあたって、なんかバンドの写真とか音源ないのかね、と母と探してたらでてきたこのDVD。

改めて見ましたが、もう羨ましいというレベルじゃないですね。。。超いい、これ。

よし、これを40代の目標にしよう。

—–

コメント

タイトルとURLをコピーしました