昨日のスタジオ遊び

 

昨日はだいぶご無沙汰のminamiさんとスタジオ遊び。

マーラさんも一緒でした。

 

 

 

お互い、先日のバンド練習以来、車に積んだままだったのでしょう。

そんなことだろうと思っていますw

 

 

 

左が私のBE-100にボグナーの2発。

足元にテープ交換したEP-3。

 

右はマーラさんセットですね。一番上のJVMはスタジオ備え付け。

 

 

この写真の時は、minamiさんによる「JVMをBE-100の音にしてください」という命令のもと、似た感じに近づけるセッティングを工夫していた際のもの。

 

 

結果、まあ似てるっちゃ似てるけど、限界はありますねw

 

しかしJVMは良いアンプです。

JCM2000とかだと、ゲインが上がってくるとローが割れてきてあまり好きじゃない感触なのですが、JVMは、ローがタイトなまま保たれます。

 

多分、チャンネルやセッティングによってはJCM2000的な飽和して割れたローとかもでるんじゃないかな、多分。レゾナンスというつまみも良く効いておもしろいですね。BE-100に近づけるには右のほうに回してローをタイトにドン!どん!と響くようにしていくと少し似てきます。ローがぼやけちゃうとBE-100とは似てこなくなります。

 

 

わかっちゃいたけどJVMは良いアンプです。JVMさえあれば、ほとんどすべてのマーシャル系音色のニーズには答えられますね。

 

 

BE-100は一方でやはり素晴らしい。

歪んでてもバラけ感、分離感はすごくありながら、タイトなローもあいまって音色全体がまとまる。やはりこれはすごいアンプ。

 

 

 

 

マーラさんに抱っこされるシロスケ。

 

今の所、とても使いやすい。

バンド練習での音抜けもバッチリだったし、良い感じ^^

 

やはり大音量にすると、自宅では気づかないカリンコリン感がでてきますね。これがメイプルネック&指板の特徴なんでしょうか。

 

ただ、このギターは結構太めの音がすると思ってるので、特に単体で弾くと厚みは十分。

 

アンサンブルだとちょっとトーンを絞って上を落とし、TSとかで中域プッシュしてもいいかもしれない。この辺は、まだまだ試行錯誤に時間かかるし、楽しい部分です^^

 

 

 

 

minamiさんに抱っこされるワシノスリ。

 

ワシノスリはこのままminamiさん家でしばらく飼ってもらうことになりますw

 

以前から一度お貸しします、といいつつ伸び伸びになっていたので^^;

 

 

 

 

Echoplexの感想は、、、いやむわんと濃い~感じで、クリーントーンでポロポロ弾いてるとほんと最高ですね。まあ私はEPの感想は散々書いてるのでもう充分ですかねw

 

 

 

 

さて、今日は夕方にAKIBASMITHのボーカルHさんに誘われて、謎のセッション会に参加してきます!

 

 

果たして会場のアンプは何なのか?! 

全然わからないですけど、とりあえずいくつかペダル持っていこうと思いますw

 

 

—–

コメント

タイトルとURLをコピーしました