ギターインストの魅力に・・・

この記事は8年前の記事です。当時の情報、理解に基づいておりますのでご留意ください

思えば、中学生?小学生?忘れましたが、映画トップガンのエンディングテーマを聴いて、ギターでメロディ奏でるのかっこいい~、と思った記憶があります。

以来、その魅力を忘れていたのですが、minamiさん、どんピ~さんと一緒のClub R9でギターインストやってるおかげで、なんだか俄然、興味がでてきました。

ギターインストといえば、、、誰だっけ。

あ、ジョー・サトリアーニとか?
というレベルの無知っぷり。

Surfing with the Alienという曲は知ってたのですが、正直、特になんとも思わなかったんですね。
坊主頭にサングラスの人ですごいテクニシャンらしい、くらいしか思ってませんでした。

ところが、興味が出たので、他にどんなのあるかな?と改めて調べてたら、、、何これ、いい曲。

う、これ弾きたい。


もう一発スローバラード。
これもキレイです!!

うーむ、さっきのもこれも盛り上がりで出てくる速いところ弾けるかなあ・・・?
Cryin’とかならイケそうな気もするが。

というわけで、iTunesでベスト盤みたいなのをぽちった。

まだ全部聴けてないんです。ただ、思ったのは、サトリアーニはテクニックもすごいですが、そっちよりもメロディのキレイさに惹かれた。

昔、洋楽を聴き漁っていたときは「誰のほうが上手いぜ」みたいなテクニック厨的な時期もあったのですが(笑)、今は上手い下手、速く弾ける弾けないは興味ないです。

まあ、速く弾けなければ速いメロディは作れないのでテクニックは重要なんですが。

聴かず嫌いで申し訳なかったのですが、サトリアーニとかって、どうせ変態的に上手くないと弾けないようなフレーズ満載で曲はよくわからないんしょ、くらいに勝手に思ってましたが、ほんとーにごめんなさいです。

いろんなwebみたら、サトリアーニのことを、悟兄とよく表記してあって笑ったwww

—–

コメント

タイトルとURLをコピーしました