Strymon blueSky Reverberator

この記事は8年前の記事です。当時の情報、理解に基づいておりますのでご留意ください

ここで書いたように、ただいまトレードで借りているストライモン ブルースカイ・リバーブ。

→ トレードしたアイテム

ある程度慣れてきたので、感想など。

安定のストライモン・クオリティ。
これもとても良いですね。。。

リバーブの種類は、Plate、Room、Springの3種類。

Springモードは、アンプについているスプリングリバーブのシミュレートです。だったらアンプのリバーブ使えばいいかも、、、とも思うので、あんまり探究心がわかず、たいしていじってません。
でもちょっと触った感じだと、Mark Vのリバーブと比較しても、ブラインドで聴いたらどっちがどっちかわからないかも。とても自然です。

Mark Vのリバーブは良いのですが、深くかけていくと、ちょっと今ひとつかな。。。ぶわっと広がる感じが欲しいのですが、あんまりそういう風にはならない印象です。

その点、このblueSky、深めにかけても、とってもいい感じ。

リバーブ成分のハイとローをいじれるのですが、ロー・カット、ハイ・ブーストすると、すっきりして爽やかになるので気に入っています。
逆にハイをカット、ロー・ブースト方向だと、こう、濃厚な感じ。うん、こっち方向のセッティングはまだあまり試してないので書けないですw

PRE-DELAYを長めにすると、ちょっとしたディレイみたいになりますね^^

こうした各種のつまみですが、MIXノブを右いっぱいにすると、リバーブ音のみが出力されるので、それぞれの効果がわかりやすいです。

さらにこのblueSky、NORMAL、MOD、SHIMMERというモードがあります。

modはほとんどいじったことないのでよくわからず。
Shimmerは面白いですね。

Timelineにも、ICEモードというほぼ同じような効果が得られるモードがありますが、あれよりも設定は簡単ですし、音も滑らかな感じがします。しかし、まだ語れるほどいじってないなあ。Shimmerについては、下の動画をどうぞ。幻想的でいいですよ^^

こういうの聴くと、こういう音を効果的に使った曲とか作ったり演奏したりしたいなあ、と思います^^

しかし冒頭に、「ある程度慣れてきたので感想など」とか書きましたが、まだいじってない部分が多すぎますね^^;
またしばらくしたら再度書きたいと思います。それに、ジェットストライモン・アタックで手に入れたTimelineについてまだなんにも書いてなかったな、と思い出したので、それもそのうち。

とりあえず、プレートリバーブの明るい響きのセッティングと、ルームでディケイ長めにして大ホール、みたいな深いリバーブのセッティングが気に入っています^^

Mark Vで物足りないロングリバーブが素敵すぎるということで、ただいま借り主にはRoyal Blue Overdriveとの永久交換を提案中ですw

—–

コメント

タイトルとURLをコピーしました