セットリスト考えるの楽しい&難しい

スポンサーリンク

この記事は7年前の記事です。当時の情報、理解に基づいておりますのでご留意ください

先日のエアロコピーバンドのリハ後の会話で、ライブに向けてセットリスト考えようよ、という話になりました。

よっしーさん、MALさんにセットリストの重要性を説かれ、なるほどなるほど、、、と。
で、はじめて真剣にセットリストをどう組むかを考え始めました。

いやー、これ楽しいですね^^

そして思った以上に悩ましい^^;

エアロスミスは曲数多いですしね。
14のオリジナルアルバムで、平均的には12曲くらいあるのかな。復活後くらいからは14~15曲はいってるも多いし、ライブ盤やベスト盤などに1~2曲ぽつっと新曲が入ってることを考えると、平均して12曲くらいはあるだろう。168曲くらいあることになる。

人によっては初期のほうが好きな人もいるし、復活直後のPump、Get A Gripあたりが好きな人、Miss a Thing(アルマゲドンのテーマ曲)以降の近年の曲が好きな人もいるでしょう。

Voは比較的新しいほうが好きそうな感じです。
私もそっち派だったのですが、ギターをちゃんと練習するようになってからは、めきめきと古い曲が好きになってきましたw

ずーっと同じテンションの曲をやるのは観てる方もつまらないし疲れますが、流れが悪いとノリにくくなりますよね。
一方で、チューニング変えなきゃいけない曲や、アコギに持ちかえたほうが良いのもあるでしょう。そういう演奏する上での段取りも含めて総合的に決めていく必要があるということにはじめて気づきましたw

エアロスミスの本物ライブなんかだと、ほぼ1曲ずつギター変えてますが、あれはバックエンドにプロのスタッフがいるから出来ることですね。あれなら曲の流れだけ気にしてればいいと思うのですけど、真似できるもんじゃありませんwww

あと、流れが良くても演奏技術や、Voに合うかどうかみたいなものも絡んできますよね。
まあ、演奏技術は主に自分の問題ですがw

・初ライブだから、やっぱり多くの人が知ってる超有名曲は外せないでしょバージョン
・各年代で幅広く取りそろえた全方向型バージョン
・初期を中心に荒々しくワイルドにいくぜバージョン

などいろいろあり得る。

というわけで、ただ今、楽しく悩み中です^^

—–

コメント

タイトルとURLをコピーしました