Rig Rundown – Joe Perry –

スポンサーリンク

この記事は7年前の記事です。当時の情報、理解に基づいておりますのでご留意ください

よっしーさんが記事にしてくれてましたが、先日、2回目のエアロバンドのリハをしました^^

ボードは構築中なので、足下は、ボグナー・エクスタシー・レッドとワウ。アンプはJCを使いました。

そういや、ジョー・ペリーってどういう機材つかってるのかな、、、と今さら思って調べたらこんな動画が。
2012のツアーのものなので最新ですね^^

ギターやアンプはなんとなくわかってたのですが、ペダルはどうなのかなー、と。
これ、だいぶ詳細に解説してくれてますね^^

アンプはPlexi、JTM-45などを中心に、ブレイクアップするくらいの設定で、あとはブースターで歪みを追加、という感じのセッティングのようです。

ジョー・ペリーのペダルをみてて知らなかったのがこの2つ。

デューゼンバーグってギターのメーカーのあれですよね?
こんなん出てたんですね。

アンプはマーシャルだらけなんですが、FriedmanやBuddaがまざってました。Jet Cityはトーキングモジューレーターに最高!だそうですw

そして知らないアンプが一つ。

→ MORRISアンプ公式ページ

公式ページでは、MO-JOとありますが、ジョー本人のアンプは、MO-JOEと書かれてますねw

私としては、ジョー・ペリーのサウンドに近づけたい、、、とかはほとんど思ってないです。

ただ、マーシャルで弾くと特に古い曲は似てくるので演奏してて楽しくなります^^
年明けのリハではマーシャルで弾こうかな^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました