チェコノーリパブリックのライブ見にいった

スポンサーリンク

この記事は2年前の記事です。当時の情報、理解に基づいておりますのでご留意ください

以前どっかで書いた最近のお気に入りバンド、「チェコノーリパブリック」のライブがあったので見にいってきました^^

 

もともと4月の予定が、メンバーの脱退とかで延期になってしまっていて、その振替公演でした。

 

 

 

圧倒的にお客さんの年齢層が低いかと思ったら、同年代「らしき」方やもっと上の年代「らしき」方もちらほらいた。

とはいえ平均をあげたのは間違いないが、連れは若い人だったのでまあそんなに浮いてはなかっただろう、多分、きっと。

 

楽しかった^^ が、勝手に1時間半くらいかとおもってたのですが、実際は2時間半の長丁場でスタンディングだったので疲れたけどw

 

やはりタカハシマイの声は中毒性があっていいなー。コーラスでもメインボーカルとってもどちらもいい。

楽曲もクラブミュージック+ポップス with 少々のメルヘン風味という感じでなんというか、好きなんですよね。

 

どうも一人ギターが抜けちゃったようです。

あんま詳しくはしらないのですが、多分それまでシンセだけだったタカハシマイが、曲によってはリズムギターもやらないとだめになったっぽい。

で、シンセがないと薄くなる部分は、もう一人のギターの人がシンセっぽい音を出してカバーしてた。通常シンセで弾くようなシーケンスフレーズをギターで弾いていた。そこからすぐにリードに切り替わったりもしてて、なんだかえらく感心してしまった^^ 

 

最初は舞台裏にキーボードがいて補ってるのかと思いましたが、可能な限り4人で演奏してるっぽかった。SEとか一部フレーズを流すためのマニュピレーターはいたと思います^^

 

ともあれ、5人で演奏してたのを4人でやっても薄くしないために、めっちゃ工夫したんだろうという感じがした。

で、ギター二本のユニゾンで厚くするのもいいけど、こうやってシンセパート弾くってのはおもしろいと思いました。ピアノの代わりは難しそうだけど、ぴこぴこシーケンスフレーズや、オルガンやストリング、パッド的なものはできるな、と。なんかの折には挑戦してみたいですね^^

 

さて、動画は昨日のライブじゃないし、ちと古いけど、この曲が好きなのではりつけ。昨日ももちろん演奏してました。

 

 

 

 

さて、話を少し前に戻しますが、ライブ前の待ち合わせで少し時間があったので楽器屋へゴー!

 

 

 

うおお。。。

 

色が、、、かっこええ。。。

 

ホエール・なんちゃら・なんとかという色らしい。忘れちゃったw

7弦ですね。

 

あともうひとつ。アイスグレーシアみたいな、灰色っぽいやつもかっこよかった。昔ゆうすけさんがお持ちだったメルと同系統の色なんですが、ああいうカラーもいいなあ^^

 

 

 

—–

コメント

タイトルとURLをコピーしました