稽古31回目

今日はかなりたくさんの先生と稽古することができました。

とにかく前に出る。自分から仕掛ける。だからと言って勝手に打たない。攻めを効かせて崩す。絶対にただ防御するとか、狙いどころだけ決めて掠め取るような剣道をしない、ということを意識して臨みました。

結論から言うと、ただ受けてしまうことはありました^^; 攻め合いの中でやられて、前に出ることもできずただ受けてしまうことがありました。

その場合、「失礼しました!」と大声でいって、次は仕掛ける、仕掛ける、、と試みるのですが、なかなか、、、というか極めて難しいですね。。。

ただマインドセットを変えて稽古に臨んだことで、稽古終了後、御礼とアドバイスをいただきに挨拶に行くと、お話しいただく内容が変わってきたように思います。

一人の先生に、前に来る姿勢はいいけど同じリズムすぎる。自分だけが打てて相手が打てない「間」というのを探すんだ。もっと工夫しろ、研究しろ、という趣旨のアドバイスをいただきました。

もう一人、とてつもなく強い先生がいて、通常は「はい、またやりましょう」くらいしか言ってくださらない先生がいるのですが、今日は「打突の機会は悪くない。ただ少し右手が強い。相手の剣を殺して、左手からもっと相手の中心を押し割るようにしてみるといい」と言っていただけました。

今日はかなり貴重なアドバイスをいただけたと感じ、次回の稽古に活かしたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました