やはりガスリー降格・・・

この記事は2年前の記事です。当時の情報、理解に基づいておりますのでご留意ください

レッドブル首脳は「今年一年はガスリーでいく」となんどもコメント出していましたが、まったくそういう話がなかったかのようにガスリー降格が発表されてしまいました^^;

 

ほんと、F1のこういう何が起こるかわからない感はすごいですねw

 

 

代わってレッドブルに昇格するのはトロロッソのアルボン。

次戦、ベルギーGPからアレクサンダー・アルボンがレッドブルのセカンドとなります。

 

 

 

アルボンはタイ人^^

 

アジア人がトップチームのドライバーになるという意味では、めでたいですね。

日本人もがんばって、メルセデス、レッドブル、フェラーリといった3強のシートを得てほしいですね^^

 

 

さて、アルボンは特にシーズン序盤での活躍が光ってましたね。

今年デビューのドライバーですから、レッドブル起用はかなり思い切った決断、、、というか選択肢がないですね。

 

リカルドを失ったことで、レッドブルはF1クラスにおいてはドライバーラインナップが薄くなってしまいました。

 

みんな才能はあるはずだけど、いかんせんキャリアが薄いですね。

 

レッドブルにとっては、リカルド離脱はほんと痛手でしたね。今年マックスとリカルドペアなら今頃コンストラクターズでフェラーリを抜いてるだろうしなあ。

 

ガスリーは残念ながらルクレールとは違い、トップチームへの大抜擢というチャンスを活かすことができませんでした。

 

F1では本来これは致命傷ですが、ガスリーは若すぎるし抜擢の経緯もあるし、ラッキーなことにシート喪失ではなくトロロッソに戻れたわけですから、クビアトに勝てれば、またチャンスが巡ってくるかもしれません。勝ち方によってはアルボンより上だと証明できる。

 

ガスリーはなんとか気持ちを立て直して、後半戦、トロロッソで活躍して欲しいですね^^

 

そして速さを見せているアルボンが、今シーズンまさに名実ともに現役最強のドライバーの一人と文句なく言えるマックス・フェルスタッペンに対してどの程度やれるのか楽しみですね!

 

—–

コメント

タイトルとURLをコピーしました