これがパーツ樹海か、、、ノブをDMCに交換

スポンサーリンク

この記事は7年前の記事です。当時の情報、理解に基づいておりますのでご留意ください

どんピ~さんの貴重なDMC在庫を分けていただいたので、悩んだ末にJoe Perry1959に取り付けることに。

ノブを交換する方法を、昨日練習後にminamiさん、どんピ~さんに伺う。
思いっきり引っこ抜くと、シャフトごと抜けたという怖い事例を聞いてどうしようかな、、、と思う。

ピックアップを自分で交換するときに買ったこの本をみたが、ちょっとイメージつかず、まだ怖い。

Youtubeで検索したところ、こんな動画が。いとも簡単に外している。

これならできるだろうとやってみる。

まず、交換前。

動画の方法でやってみると、いとも簡単に外れた。

ここで二つのノブを比べてみる。

フーム良くわからん。
文字のあたりの盛り上がり方が違うかな?
色もちょっと明るいかな?

うーむ?

ぶっちゃけ写真撮る前、二つを眺めててもよくわかりませんでした^^;

しかし!

これ、つまんでみると違いは明らかです。指先の感触は全く違います。
もしヴィンテージを持っていたとしたら、ヒスコレを持った瞬間に違いは明確にわかると思います。

だからこそ、みんな不満だったりするわけですねー、納得。

上の写真をよく見ると、文字のあるあたりの湾曲具合がずいぶんちがいます。

右がJP1959(つまりヒスコレ)の純正パーツ。左がDMCです。
ヒスコレのものは下部にしたがって緩やかに広がっていく形状です。

DMCのものは、文字の上あたりから鋭角に傘が開いていく形状になっています。

見てぴんとこなくても触ってみれば違いははっきりわかるはずです。DMCのほうが「つまんでる」感が強いです。あと、天辺がDMCは少しくぼんでいる。

交換後。

やってみた印象としては、この交換は写真ではなく、実物みたほうが変化は明確だし、もっと言うと、触ってみないとなんでわざわざ交換するのか意味が分からないだろうと思いました。触り心地は好みもあるでしょうが、私はDMCのほうが好きです。

交換したルックスの変化としては、全体的に色がすこし明るくゴールド感がすこし強いので、華やかな印象になりました。自己満足の世界とはいえ、思ったよりも違うな、とw

しかし、JoePerry1959の汚れ感からすると、ちょっとピカピカしすぎかな。すこしエイジングされてた方が似合うかもしれない。

ともあれ、交換して、、、大満足。
これがいわゆるパーツ樹海か。。。
なんてこった。早くもいろいろ換えたくなったwww

——————————————————————
ライブ&ギター会開催告知
日程:12月8日(日)
時間:14時開場、14時30分スタート
場所:ラゾーナ川崎4F 島村楽器内のスタジオ
費用: なし。¥0
詳しくはこちら → ライブ告知のページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました