アメブロから引っ越しました。リンク切れは気付き次第直しています。すいません!

エクスタシーのマイク録音とKemper比較

この記事は6年前の記事です。当時の情報、理解に基づいておりますのでご留意ください

やってみました。

まずマイクセットして録音。
その後、Kemperでプロファイリング。

それから同じフレーズを録音という手順です。

Kemperに取り込むとどれくらい元のアンプと変わるか、変わらないかはっきりわかると思います^^

特にクリーンにおいて、若干Kepmerではローが失われてますかね。Kemper側のEQでちょっとローを足せばいいかもしれない。あるいは、Kemperのとき私が弱く弾きすぎてるせいな気もする。

いやあ、、、Kemper凄い。
そっくりだと思うんですが、いかがでしょう。

やっぱ録音で使う分にはKemperは完全に本物アンプの代替になりますね。
前回記事のゆうすけさんコメントいただいた通り、これで深夜のエクスタシーもばっちりですww 

・・・夜中でも使えるという意味ですよ。念のためww

何度か書いてますが、もう一回。

ここまでの再現性を持つKemperですが、スタジオでアンプのリターンにつなぐ場合、イマイチになります。キャビネットシミュレーションを切ってもダメです。アンプのリターンにつないで、「Kemperだめだ~」と思った方は、ぜひヘッドフォンなりミキサーにつなぐなりして再度検討してもらいたいです。アンプのリターンにつなぐ方法では、Kemperの良さの50%も出ないと思っています。私見ですが。

スタジオで使う際も、PAにつなげば音的にはばっちりなんですが、やっぱスタジオで練習するときはキャビネットを鳴らしたい。

どなたかパワーアンプ付きのKemperを買った方がいたら、ぜひ感想を聞いてみたいものです。パワーアンプ付きKemperならキャビネットを直接駆動できるので、本物のアンプヘッドのように使えるはず、、、なんですが、実際どうなの?というのに興味あります^^

私はMark Vとエクスタシーという、私には過分なお宝アンプがあるので、買い替えることはないですけど、Kemperを検討されてる方、ぜひパワーアンプ付きにいってもらいたい、、、と勝手ながら思ってますww

コメント

タイトルとURLをコピーしました