アコギ演奏でべストラップ的なものをとる難しさについて

この記事は3年前の記事です。当時の情報、理解に基づいておりますのでご留意ください

 

そろそろラピュタも終わって次に行きたいということで、OM1の音色紹介ついでに動画を撮っておきたいです。

 

で、実はちょいちょい録音してみるのですが、これがなんというか果てしない感じです。

 

 

目立ったミスをしないということもさることながら、優しく弾きたいところを強く音がでてしまったり、優しすぎて音量足りなかったり、指の当たる角度が悪くて音色が気に入らなかったり。

 

自分としては各セクションのいまできる「ベスト演奏」を繋げたいわけですが、これが激むず。

 

F1でいうところの、セクター1〜3のパーソナルベストを繋げば、最も速いラップタイムになるはず。だが、これが果てし無く難しいです。

 

まあ、それこそが全体的な実力ってことで、どこかで区切りをつけないといけないですね。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

—–

コメント

タイトルとURLをコピーしました