剣道稽古からのジュリアンラージ

スポンサーリンク

この記事は2年前の記事です。当時の情報、理解に基づいておりますのでご留意ください

ライブ終わって比較的早め解散だったのですが、というのも次の日、朝から剣道稽古だから、というのも若干頭にありました。

 

最近剣道ネタ書いてませんでしたが、それは単に11月の稽古が少なかったからw

 

というわけで、結構久しぶりな稽古だったんですが、まあ、まあまあの調子でした。

最近、技前の攻防について工夫していくようになっていい感じだったんですが、その成果で(と思いたい)、諸先生方のギアも一段階上がった感じです。

 

単純にテンポが早まった感じなんですが、それだけでももう結構あっぷあっぷしてきます。

従来は、構えたところから、気持ち的にも身体的にも充実させてから攻めに入る、、、のを待っててくれたようなところがありましたが、ここ1〜2回の稽古では、まだこっちが不十分なままのところからも圧をかけられる感じで、これがなかなかついていけない^^;

 

他の剣友との稽古でも、このスピード感を意識しながらやってみたのですが、単に雑になってしまうようなところも感じて、なかなか難しい。。。

 

ギターと同じでただ速く弾こうとしてもダメなので、やはり自分として十分、という状態でまずやっていくことを積み重ねながらちょっとずつテンポが早まっていくのを待つしかないかなあ、という感想。

 

 

 

さて、この日の夜は、がちゃさんにお誘いいただいていたジュリアンラージ のライブがありました。

いやあ、これ楽しみにしていました。

 

ステージを見た感想なんですが、なんかこう、、、エレキギターってこういう使い方あるんだ、、、というなんか新鮮な気分になりました。

とにかく音の強弱の振れ幅がすごいです。

 

 

エレキギターでアンプなのに、ピアニッシモといえるめっちゃ小さい音が映える。

旋律の歌わせ方が、ピアノとかサックスとかヴァイオリンのようで、エレキギターの音なんだけどエレキギターじゃないみたいでした。

 

まあ、すごかった。

ジュリアンラージ はまたぜひ見たい。

アコギのほうも見たいな。

 

私のアコギ、ジュリアンシグネチャーだしな。

 

 

といっても、シグネチャーの証的なものはどこにもないので、普通のモデルにしか見えないだろうけど、そこがまたいとおかし。

 

さて、この週末は楽しく充実してたけどさすがにちょっと疲れた^^;;;

 

ライブ見終わって時間はまだ早かったのですが、そうそうに帰宅しちゃいました。

 

そうそう、最近寝る前に見てるハマりドラマは、「ゲーム・オブ・スローン」。

 

 

 

ファンタジー世界の王位をめぐる大河ドラマみたいな話なんですが、異様に登場人物、地名ふくめた固有名詞が多く、最初は把握するのが難しい。しかもそんなに説明はされない。でも集中して見ていればだんだんわかります。見始めの頃は、お前誰だっけ?どういう関係だっけ?とよく混乱したw

 

ですがこれは面白い。。。激ハマり中。

 

ファンタジーだけど、ハリポタみたいなかんじではなく、どっちかといえばロードオブザリング、、、でもないか。もっともっと人間くさくて残虐で中世的です。

 

三国志かな。三国志のファンタジー世界版。

モンスターとか魔法とかは基本なし。

結構生臭い人間の話。

 

・・・でも上の写真のデナーリスはドラゴンをペットにしてる反則的存在ですw

 

さて、三国志読んでれば、お気に入りの武将とか出てくると思うのですが、ゲーム・オブ・スローンもそんな感じですね。

お気に入りキャラたちのそれぞれの冒険や葛藤を楽しむ感じで。

 

 

いやあ、これすごい語りたいけど、ネタバレもよろしくないのでやめとこうw

Amazonプライム入ってる人は、シーズン6まで無料で見れるのでぜひ^^

 

 

—–

コメント

タイトルとURLをコピーしました