Kemperでクランチのプロファイル作った(1)

この記事は8年前の記事です。当時の情報、理解に基づいておりますのでご留意ください

前回記事では、ハイゲインのプロファイルを作って、アンプのマイク録りという意味ではほぼ本物と見分けつかないレベルなKemper。

→ Kemperでプロファイル

こういうデジタル系が苦手とされているクランチ系でもどれくらい肉薄するかやってみようってことでやってみた。

MarkVのセッティングはこんな感じ。

Ch1(クリーン)のFATモード。
ゲインというよりは、MASTER(ボリューム)をあげてパワー管で歪ませるタイプのセッティング。

これだと、強く弾くと歪むけど、優しいとクリーンというくらいの感じです。

うーん、とりあえずそっくりですわ。。。
音源や比較動画は時間なくてまだ作れてないのですが、近いうちに^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました