Drybell社がプリアンプペダル “Engine”を発売

クロアチアのDrybellというブランドがあって、2種類のペダルしか発売してないのですが、2つとも秀逸。

梱包とか対応とかも非常にアットホームな感じで良いんですよね。過去にこんな記事書いています。

というわけで、ブランドのファンとなってしまってるわけですが、新しいのが出たようです。それが冒頭の写真のENGINEで、どうやらプリアンプらしいです。

フルアナログ回路で2セクション。プリアンプ+レンジマスター?

GAIN、LEVEL、TONEにSHAPEという独自コントロールを備えたプリアンプ部「Side A」と、レンジマスター的トレブルブースター部の「Side B」に分かれているようです。

どっちも完全独立で、もちろん一緒にも使えるし、接続順もスイッチで切り替えられるようですね。

プリアンプ部は60年代のマーシャル、、、プレキシ的サウンドなんでしょうかね、多分。60’s British MNV ampという説明が公式サイトにあるんですが、NMVアンプって意味がよくわかりませんでした。誰か知ってたら教えてくれたらうれしいです^^

レビュー動画はいろいろ上がってるようでしたが、まあここはピートさんだろう。

UNREAL PLEXI AMP SOUNDS, IN A BOX! Drybell THE ENGINE

Unit67にも、レンジマスターセクションは搭載されていて、これがすごくいいんですよね。その部分だけ切り離して使いたいくらい。

Unit67では、Rangeはミニスイッチだけなんですが、ENGINEでは、RANGEツマミとLEVELが独立してるので、いいなーとおもった。

299ドルだそうです。私はVibe MachineもUnit67も公式サイトから買ったので、クロアチアから輸送されてきました。

割とあっという間にきますよ^^PayPalが使えた、、はず。

今のところデジマ等にも掲載はないようです。ただあんまりこういうのも何ですが、内外価格差がめちゃくちゃ大きいです。数量が出るメーカーじゃないからしょうがないと思いますが、ちょっと価格の差が大きすぎますね^^;

コメント

タイトルとURLをコピーしました