アメブロから引っ越しました。リンク切れは気付き次第直しています。すいません!

上位互換作戦(よっしーさん命名w)

この記事は7年前の記事です。当時の情報、理解に基づいておりますのでご留意ください

某氏の見事なアップグレードをさして、よっしーさんが「上位互換」と名付けましたw

→ よっしーさんの上位互換の記事

(よっしーさんのブログをいまさら私などがリンクする必要はないと思いますが^^;)

いやあ~、、、秀逸なネーミングですねw

実はこの上位互換作戦、過去に実施して成功した経験ありですw

しかし、実は私の場合、作戦の成否は紙一重でした。かなり危ない橋を渡ったとおもいます。この作戦は、相手のギター鑑定力を冷静に評価する必要があります。

私が実施した作戦は、次のような物です。

      ↓
      ↓
      ↓
      ↓
      ↓      
      ↓

わかりやすくしましょう。

他の方のブログにちょうどいいのがあったのでリンクさせていただきます。

<アップグレード前>
これ

<アップグレード後>
これ

似てますよね!
でも実際はかなりの違いがあります。

・ボディにサイン有る/無し
・指板のインレイがセルロイド/パール
・指板がインディアンローズ/エボニー
・ヘッドのサインがLes Paul  / パールでジョーペリーのサイン

というように、ものすごい違います。

でも私は次の2点からこの作戦は成功すると見ました。

・全体が黒い杢目でパール柄のピックガードという特徴が突出している
・このギターはケースに入っていた時間が長く、たまにしか見ていない

危険だとは思いましたが、6:4、いや7:3で成功すると見て実施。

・・・ふぅ~~~~、作戦成功^^

やはり色が同じというのは作戦上重要かと。

まあ、実際はばれてるのかもしれませんが。

—–

コメント

タイトルとURLをコピーしました