【試奏した】Two Rock Custom Reverb V2

この記事は7年前の記事です。当時の情報、理解に基づいておりますのでご留意ください

アンプをいろいろ試奏させてもらいました。
これ、1日でやった訳じゃなくて、時系列的にはまちまちなんですが、まあ、わりと最近に、ということで備忘録。

ちまたで噂のTwo Rockを2台、初体験。

試したのは、
Two Rock: Custom Reverb V2
Two Rock: Gain Master 35
Shur: Badger 18
Hughes&Kettner: Tubermeister 36 combo
Egnater: Tweaker 15W

です。

■ Two Rock Custom Reverb V2

おおー、これがTwo Rock。小さめでいいじゃないですか。自分用に買うならもっと小さいのがいいけど。
キャビはマーシャルの4発。よくあるやつ、、、だと思う。型番見なかったです。

クリーンから。

音が太く、高音がパッキーン&キラキラして、これはいいわー。
BASSをぐいっとあげたら、ものすごい重低音が出た。 店が震えた気がしたww びびった。

マーシャルの4発からは、耳にイタい高音が飛び出てくるものだという条件反射があるが、目の前に座っているというのに、全然そんなことない。

ちょっと丸っこい感じの音にして、ぽろぽろコードを弾いているとなんか贅沢な気分にひたれた。

リードチャンネルも良い。クラシックな枯れたロックな感じから、密度の濃い太いリードサウンドまで、つまみをどこにしてもかっちょいい音がする。ああ、素敵。

Contourというノブもよく効きますね。バンドの中で演奏するとき、音抜けよいポイントにさくっと調整できるのではないだろうか、と思いましたが、どうなんでしょう。

しかし、、、べらぼーに高いですね。
店員さんからは、決算ということで大幅なディスカウントを提案されるも、、、

いや、ないなー。だって、、、ちょっと大きい。小さめではあるものの、もっと小さいのがいい。

モノがいいのは、十分わかった。その場では感動という感じではなかったけど、数日たった今、なんか忘れられない感じですw 「ああ、あれよかったなー」みたいな。

—–

コメント

タイトルとURLをコピーしました