VOXのチャイムなクリーントーン良い

以前もみたことがある動画だったのですが、最近クリーン好きになってるので改めて見直しました。

 

フェンダーとVoxとマーシャルの音の違いを体験できる動画。

若干トーク長いですが、音の違いは明瞭でわかりやすいです。

 

 

この動画みたときに印象的だったのがVOXでした。

リアルアンプではVOXはそこまで馴染みがなかったし、使う時はペダルでブーストした歪みばかりでクリーンの印象があまり実体験としては刻まれてなかったのです。

 

ところが、この動画でのVOXのクリーン、いいなと。

 

若干歪んでるんだと思いますが、なんというかこう、上のほうでじゃりんじゃりんとする。

動画のテロップでは、Rich Harmonics / Chime とありますね。なるほど、チャイムね。

この感じいいなあ。

 

JC-120の輪郭のくっきりしたクリーンもすごい綺麗だし、もっとむっちり系のクリーン出すアンプもありますね。

どれが一番好きというのはないんですが、今この瞬間でいうと、このVOXのじりり〜ん感がたまらん。

 

というわけで、帰宅後、速攻でKemperでVOXのクリーン系の音を探す。

これができるのがKemperのいいとこだよなあ。

 

もちろんモデリングでもできるんですが、気分的にモデリングではなく本物はどんな音なの?を知りたい欲があるじゃないですか。

 

Kemperももちろんデジタルで本物じゃないのですが、プロファイリングのやり方さえ適切なら、本物をマイキングしたのとほぼ区別がつかない(少なくとも私には)のは実証済みなので、VOXの音がどんな感じか知りたい!と言う時はやっぱKemperに限る。

 

 

 

やってみておもったのは、このチャイムな感じと歪み量はまあまあ相関があって、ジリリン感つよめるにはやっぱ多少ゲインあげた方が強調できそうです。

 

プロファイルによって結構特性も異なっていて、自分的に、これが良い!というところまでは全然いかなかったのですが、まあ雰囲気としてはこういう感じ。

 

うーんでも見返すとちとジリリン感が薄すぎたかなあ?

 

もっとチャイムな感じをだしつつクリーンさはキープみたいな感じでできるといいな。

アンプゲイン上げてギターはちょっと絞るとか、もうちょいハイやプレゼンスを上げてみるとか、工夫の余地大。

 

 

 

帰宅後即とりかかったのですが、シワになるからズボンだけは部屋着のパジャマみたいなやつに着替えた。しかし上はワイシャツのままでした。

 

さっと弾いて音声と動画合わせたのみたらものすごくダサかった。

そこでとりあえず動画の露出を下げて黒部分をさらに下げるという処理をしたところ、ズボン部分はどうなってるのか分からんくなったので、まあごまかせたと思います。デジタルって便利です、ほんと。

 

 

—–

コメント

タイトルとURLをコピーしました