稽古23・24回目|RIZINが楽しみ

スポンサーリンク

久しぶりのブログです。この1週間、仕事もお休みいただいてました。長野に行ってたのですが、こんなご時世なので山小屋に閉じこもりっぱなしでどこにもいきませんでした。まあ、スーパーに1回、重装備で買い物いったくらい。

さて、戻ってきて昨夜稽古23回目。

人数少なかったため、結構強めの稽古でまじでバテた。

攻め合いの中で相手を察するというか、出てきたそうなまさにその瞬間に、身体を相手よりも早く押し出す、というような稽古をたくさんつけていただき、最後はまじでへろへろになったのですが、とてもありがたい稽古でした。

その成果を出したい今朝の稽古24回目でしたが、昨夜の疲れからか、腰が痛い。。。

どうも腰の痛みが気になってうまくうごけず。

参加人数も多く、最後の自主稽古にも残って行きたかったのですが、こういうとき無理すると、怪我のもと、、、と思ってやめときました。ぎっくり腰にでもなったら大変^^;

さて、今日・明日はRIZIN22・23が開催されますね。

人を集める商売は、本当にコロナで大打撃で、RIZINの運営会社も存続の危機のようです。格闘技ファンとしてはRIZINなくなると超寂しいので、クラウドファンディングにささやかながら寄付したのと、オンラインLIVE配信のチケットも買いました^^

というわけで、今日の14時からのLIVE中継、超楽しみです。

今回のメインは、明日の朝倉海 vs 扇久保 博正 戦ですね!いやー、楽しみ。朝倉海を応援していますが、扇久保も強い。

総合格闘技の間合いの撮り方や攻め方も剣道と共通点たくさんあると思います。違いは、剣道は先にKOパンチを当てればそこで1本ですが、格闘技は、ぶっちゃけ何本1本を食らおうが相手をノシてしまえば勝ちです。

そういう意味では、剣道の攻防はよりスリリングで技巧的にも優れているところがあると思います。ただ、一本の重みは違うとは言え、総合格闘技では実際に殴られるわけで、違った緊張感に溢れていますね^^

それにカウンターなんかは、まさに剣道でいうところの攻めて相手を動かす、というやつですね。その辺が剣道で体得できてから、総合格闘技の打撃はより見えるようになってきました^^

さて、今日のメインイベント、矢地 vs サトシ・ソウザ戦も面白そうですね。サトシソウザは前戦はアンラッキーでした。まああのアクシデントがなくて続けてもあの相手に勝てたとは思えないけど。。。

打撃は矢地選手の方が全然上手いと思いますが、それでKOできるかというと微妙だなあと思うのと、万が一寝技に持っていかれたら、サトシソウザが滅法強い、というところで考えると、、、

サトシソウザ選手の1本勝ち、あるいはコントロール時間の長さもあって判定勝ちに65%。

35%は矢地選手が打撃で圧倒してテイクダウンも取らせないで勝利。

こんな感じの予想です。

他のカードについても、全ての選手知ってるわけではないのですが、ちょいちょい楽しみですね。朝倉カンナ選手の試合も割と楽しみです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました