PRSから持ち替えてLes Paulを弾くと、、、

この記事は6年前の記事です。当時の情報、理解に基づいておりますのでご留意ください

今日は久しぶりにゆっくり休めて、ギターも弾けて、良い休日でした^^

ClubR9用の新しい曲を練習してたのですが、原曲を聴く限り、シングルコイルの方が感じが出るかな?と思ったので、PRSでコイルタップして弾いてました。

PRSはやはり弾きやすいし、太く伸びやかなトーンやジュワッとした歪みの音が気持ち良い。
うーんやはり、これは良いギターだわあ、と悦に入っていました。

Club R9でやるような曲だと、全体的にPRSのほうが合うかもなあ、、、なんて思いつつ
、先ほどレスポールにチェンジ。

むむ!!

これは、、、

すっごく良い

PRSに比べてカラッとしています。それに、強弱やちょっとした弾き方にちゃんと音色が反応してくれる感じがあります。

PRSはローの歪みが濁るというか、上から下まで同じようにきっちり歪む感じがあり、それはそれで良さなのですが、一方で、このJP1959は歪ませるとカラッとしてきます。しかし、ローに「ゴッ」という強いアタックがあってそれがカッコいいです。

それに弾き慣れてるせいか、全体的にレスポールで弾いた方が、運指に余裕があって少し上手く弾けますww

うーむ、やはりレスポール、良い。

特にこのJoe Perry1959は、本当に気に入っています。

このギターは、「ああ、やっぱりこれすっごい良いギターだな」と感じさせてくれる事が何回もあります。

99レモンもすごく良いのですが、JP1959ほどの楽器としての完成度は無いかな。。。
とはいえ、売ろうとは露ほども思いませんが。

とにかく、JP1959は、自分の中では別格に良い感じです。

まだ付き合いは1年半くらいのギターですが、自分の腕が向上すれば、まだ引き出せてない良さが次々に発見できるんだろうな、と確信しています。楽しみです^^ 

—–

コメント

タイトルとURLをコピーしました