手首を時計回りにぐいっと

この記事は3年前の記事です。当時の情報、理解に基づいておりますのでご留意ください

2〜3個前の記事で、コメントいただいたやつ。

右手のフォームがよろしくないというやつで、これについては自分でもぼんやりとは思ってたので、意識して直すべくがんばろうということで、朝ちょっとギター抱えてみた。

 

 

今はざっとこんな感じ?

 

 

親指をまっすぐにというのもあるんですが、それ以外の指も斜めにストレートに当たっている。

 

 

これを、

 

↓ こんな感じに。。。

 

 

どうだろう。これくらいだろうか。イメージ。

 

 

 

↓ このレベルは無理。

クラシックギターの人ってこれくらいになってる感じがありますが、ちょっとこれ無理だな。。。

写真撮るのですら厳しい感じ? どうやっても手首浮くので、低音弦をミュートするようなのも不可能っぽい。

 

 

 

 

ですので、真ん中のこれくらいをイメージしてみる。

 

 

親指もその他もいままでとちょっと当たり方が違うのでミストーンも多くなるけど、やっぱり発音が良くなる気がした。

 

特に親指以外は、弦が擦れる音が減って輪郭がくっきりする感じで良い。エレキでもピックが斜めになってるよりまっすぐ当たった方が発音がいいと思うのですが、あれと一緒ですね。

 

 

ただ、これで弾いてると、親指が丸まりやすい。

で、親指をまっすぐ伸ばすと手首の角度がなくなりやすい。

 

うーん、これすぐには矯正できなそうですが、意識してればそのうちちょっとずつ良くなってくでしょう、多分。

 

 

—–

コメント

タイトルとURLをコピーしました