ネック、指板、ボディ厚の違い

この記事は6年前の記事です。当時の情報、理解に基づいておりますのでご留意ください

Custom24 と Modern Eagle。

あまりにも音が違います。

マホガニー・バックにメイプルトップ。ネックと指板がローズウッド。

基本材質の構成が一緒なので、なんとなく似た感じになっちゃうかな、、、困ったな、、、と思ってたのですが、全く違う音色に仕上がったので驚きだし、とてもありがたい。

それにしても、全然違う。
どれくらい音色が違うかは、こちらの記事の動画をご覧ください。

この違いがどこから来るか。
2本をいろいろ比べてみました。

ネック比較。
左がCustom24。 マダガスカルローズウッド。
右がModern Eagle。 ブラジリアンローズウッド。

ブラジリアンといえど、そんなに黒くないです。
私個人としては、これはPRSが全体の色味を合わせてくれたんじゃないか、、、と勝手に思ってますw

これがワシノスリ(Custom24)のマダガスカルローズウッド。

良いネックです。しっとりすべすべ。
一部導管のへこみみたいなのを感じる箇所もあります。

最初、ひび割れてるのかと思いましたが、違いましたw

モダンイーグルのモカたん(仮)のブラジリアンローズウッド。

このネックの目の詰まった感はすごいです。

Custom24のマダガスカルローズウッドに比べても、導管が少なくすべすべ感がさらに高いです。

このネックが、中域の「ガーーーーーーッッ」というあのドライでカッコいい感じを生み出してるのではないか、、、と夢想してみる。夢想ですよ、夢想w

Custom24のネックも固いですが、モダンイーグルのネックの固そうな感じは、一回り上です^^
握った時に、同じローズウッドのCustom24と感触が違います。

ワシノスリ(Custom24)のマダガスカルローズウッド指板。

縦にすっと線が入ってるこの指板、すごく気に入っています。
綺麗です。

モダンイーグルのブラジリアン・ローズウッド指板。

真っ黒。

黒ペリーのエボニー指板と並べてもそんなに遜色ないです。

Custom24と比べても、非常にアタックの強いモダンイーグル。
それはこの指板のおかげ、、、でしょうか?

ブラジル神話ですw

でも2本の音がすごい違うし、自分がとてもかっこ良く感じる特性がモダンイーグルには強いので、あながちブラジル神話なんかただの神話だよ!とは言い切れないな、、、と思いました。

指板材の太さは、2本とも大体同じ。4mmくらいです。

Custom24のマホガニーボディ厚。
写真は一人で撮ってるので斜めになってますが、だいたい2.7cmくらいでした。

一方のモダンイーグルのマホガニー厚。

実測で3.1~2cmくらいかなと思います。写真はちょっと斜めになってますね。参考程度に見てください。

Custom24とモダンイーグルでは、ここは結構違うポイントですね。

PRS本で確認しましたが、ボディ厚は、

Custom24  < モダンイーグル < マッカーティ

の順番にマホガニーが厚くなります。

ちなみにレスポールを計ったら4.2mm!
分厚い!

Custom24のマホガニーは、「アフリカンマホガニー」と書いてありました。
いわゆるリボンマホではないですね。見た目は普通のマホですね。

このアフリカンマホガニー。マホガニーという名前はついてるし見た目は似ているけれども、生物学的にはマホガニーとは違う種である、とどっかで読んだ記憶があります。

実は2本の音色の違いは、マホの違いも大きいかもしれません。

モダンイーグルのマホ。

実は、、、どうせなら超弩級!と思って「キューバンマホ」で頼んでおりました。

ただ、在庫がなく、手に入る見込みも全く無い、ということで断られてしまいましたw

じゃあ、ホンジュラスマホガニーで、、、と思ってたら、

PRSからは「特
性の似ているサウスアメリカンマホガニーでどう?」ということで、そのようにしました。

ちなみに初代モダンイーグルはホンジュラスマホガニーのようです(PRS本によると)。

さて、このマホガニー。
お店の方からも「マホがすごい良いですよ!」と言われ、ひっくり返してみた時におお、と感動しました。

トク・・・ン  (少女漫画風の恋に落ちる音)

ときめいた。アラフォーだけど。

写真だとどってことないように見えますねw
ただ、これ、、、なんかすごい綺麗な木材です。塗装による色のせいもあると思いますが、なんとも上品です。

最後にトップ。

キルトメイプルとカーリメイプルの違いがあります。
キルトのほうが木材として柔らかい、、、のか、出音が柔らか目になる、、、のかそんな感じの話を聞いた事ありますが、どうなんでしょうね。

左のCustom24は、24フレットでトレモロユニット。
右のモダンイーグルは22フレットでストップテール。

ブリッジが違うのでネック角度が2本は微妙に異なるようです。

そのせいなのかモデルの違いなのか知りませんが、ピックアップ位置もずいぶん違いますね。

写真はきちんと水平じゃないですが、PU位置が明確に違う事を確認するには支障はないでしょう^^

そしてピックアップは、59/09(Custom24)、57/08(モダンイーグル)という違いがあります。

電装系は見てもわからないのでパス。

まあ、これらの要素がくみ合わさって、おおざっぱに見ると同じようなスペックの2本が劇的に異なるサウンドを出すわけですね^^

どっちも良い音です。ただ、その音色はとても違う。

いやー、ギターは奥が深い。。。

さて、そろそろバンド練習に出発します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました