マーティンってすごいな、、、

この記事は5年前の記事です。当時の情報、理解に基づいておりますのでご留意ください

 

 

 

ちょっとこの数日間、触れていなかったD-28 ’59。

昨日は夜遅くでしたが、ちょっとだけ弾いてみました。

 

 

1~2日前の記事にも書きましたが、このギター。どんどんパワーアップしてる感があります。

 

いや、パワーアップではないですね。パワー・リカバリーですかね。

 

 

とにかく手に持って、じゃら~んとコード鳴らすだけで、・・・おおっ!となります。

 

 

音量がますます上がって、倍音感が増してきた。

 

全体の硬質な音色の印象を変えるほどではないですが、すこし華やかでやわらかな響きが加わったように思います。

 

 

 

なんだろう、これすごいな!

凄まじい迫力。

 

 

 

サウンドホールから音が一気に飛び出してくる感じに、驚きを覚えます。

ボディの内部で濁りなく美しく響き続けてることに感動します。

 

 

 

 

むうう、マーティンすごい!

なにこれ、すごい!

 

 

すごいからこそ、No.1ブランドなのでしょうが、さすがというかなんというか、とにかく凄い。オラ、びっくりした。

 

なんでしょうね、これ。手にとって弾くたびに感動できるなあ。素晴らしい。

 

 

 

 

しかし、

 

 

こんな素晴らしいギターで、Ex-5とかEx-10とかやっていて良いのかwww

 

 

 

 

 

 

いや、まあ良いに決まってるのですが、少しでも早く、このギターの素晴らしさを出せるようになりたいものです。

 

Ex-5でも十分美しいけど、もっといいやつ弾けるようになりたい^^

 

 

 

—–

コメント

タイトルとURLをコピーしました