剣道稽古 & 昨日記事の自分なりの感想

この記事は4年前の記事です。当時の情報、理解に基づいておりますのでご留意ください

剣道稽古終わりました。

今日は人数少なかったけど、いつもと違う練習メニューも新鮮で良い稽古ができたと思います。もうすこし地稽古を増やして欲しいなと思ってたのですが、今日はわりとたっぷりやれてよかった。

 

居残りで剣道形の稽古つけてもらったのですが、相変わらずやばい。どっちかというとこれまで打太刀の練習が少なかったので、自分が打太刀になると手順すら微妙に怪しいという。。。昇段審査は約1ヶ月後なのでちゃんと練習しなきゃとおもいつつ、全然やってない^^;

 

 

 

 

さて、、、

 

前回記事でクリーンの音色比較動画をアップしましたが、まあピックアップの特徴というよりはギターの差ですかね。

 

本当は同じギターに違うピックアップでどうか、というのでないと比較にはならないと思いますが、今後、載せ替えた時のリファレンスにしたいと思っています^^

 

 

で、1本目は、

99レモン+57/08ピックアップでした。

 

特にハイフレットの高音のところで、「パチーン」とアタック強めな感じが出る。フロントなのと、そんな強くピッキングしてないので比較的緩やか。でもパチーン!ってなりがち。これがリアだともっとパッチーンとする。今書きながらおもったけど、弦高低いのかな、これって。。。?

 

 

さて、57/08はかなり強く歪ませるとシャーシャーいう感じが強まり平坦に聴こえちゃうのですが、それ以前にとどめると、結構味わい深い感じで良い。レスポールに積んだ第一印象が悪すぎたのですが、急速に印象が改善中。

 

 

2本目はJP。

 

99レモンに比べるとまろっとしてる。

うーん、、、まあ今回に関してはこれ以上言うことは特にない。。。

 

が、もうちょっと言うとふとした時に、木の鳴りみたいなものが感じられることがあって好き。ハイも丸いし、ローもスイートな感じ。

 

まあその丸い感じを総称して「まろっ」としてる、と言ってるわけですが、JPは歪ませるとこの丸み感がなくなりドライに聴こえるのが不思議だ。

 

 

3本目はモダンイーグル(モカ)。

 

JPよりもさらにローの厚みが増し、音の輪郭はさらにくっきりする。

弾いた音の周りに、特に低音のほうで感じやすいのだけど、華やかな感じの響きがあり、弾いていて、わかりやすくいい音な気がして、なんだか気分がいい。

 

この華やか成分は、弾き比べでギター変えるとすごく感じやすいのですが、こうやって録音してしまうと、ずいぶんと薄れてしまう感じもある。もともと自分ではそこを意識しているため、動画においても一応キャプチャーされているのはわかる。が、単に聴いてる側として有意な差かどうかはなんとも。

 

もちろん再生環境にもよると思いますが。。。でもあれか。再生環境によるくらい微妙なものならどうでもいいとも言えるかもしれない。

 

しかしギターの音色が好きで自分で弾く方は同意してくれる人多いんじゃないかと思いますが、弾いてる時にはこうした微細な変化が好みに直結するのでやっぱり重要。

 

Throbakに変えて一番変化を感じたのは、

 

1. 音の明瞭度が増した

2. 低めの音出した時の豊かな響き感と、その音の倍音だろうと思われる華やか成分が聴き取りやすくなった

 

というわけで、素晴らしく良いな、と思った次第です。99レモンの時もその感触はあったけど、モカのほうがより良さが出てる気がします。

 

ピックアップ変えて、しかもそれが良かった!となると、なんだか新しいギター買ったような気分にちょっとなりますね。

 

おもろい。。。というわけで続く。

 

 

 

 

 

—–

コメント

タイトルとURLをコピーしました