ギタリスト的悪夢

この記事は6年前の記事です。当時の情報、理解に基づいておりますのでご留意ください

愛器であるJP。

正式名称は、

Gibson Custom Shop Inspired By Joe Perry 1959 Les Paul

のようです。

Collector’s Choiceじゃなくて、Inspired By。

エリッククラプトンのやつもこのシリーズだったかなあ?

さて、True Historicがまもなく店頭に、、、というタイミングですが、コレクターズチョイスもマーケティング的に美味しいネタが減りつつあるような気もします。

なので、true版でさらにリイシューということがあるのではないか、、と。

例えば、

Trueのスペックのコレクターズチョイスで、ジミーペイジとか。

ジミーペイジモデルは過去に何回も出ていますので、特に問題ないかと。

最後のジミー・ペイジモデルは2009年に#2が出てるようなので、今度はTrueスペックで#1とか出てもおかしくない気が。。。

あと、私の愛器JPも、Joe Perryモデルではなく、スラッシュモデルとして出す裏技があるかもw
スラッシュの前の持ち主であるエリック・ジョンソン・モデルとしても、、、まあこれはないかw

話がずれました。

ともかく、手持ちギターの中でダントツ最高に愛しているJPですが、久しぶりに見ました。悪夢を。

・・・

なんかバスに乗って合宿みたいなところに行こうとしてます。
合宿所について、みんながギターを取り出している。

私も、、、と取り出してみる。

なにかがおかしい。

ボディを持っていたのですが、ふと見ると、ヘッドの重みでネックがぐにゃん!と曲がってる。。。

焦ってネックをまっすぐに支えようとすると、指板、フレット、バインディングなど、すべてのパーツの接着がとれて、ネックがバラバラに。。。

これは、修理できるのか?!
修理しなきゃ!と半泣きになりそうになっていると、よっしーさんがきて、ああ、これ、こうなっちゃう個体あるんですよねー、的な雰囲気を漂わせながら「新しいの買うしかないですね」と言う。

そ、そんな。。。JPは私にとって唯一無二なのに!!なんとか修理を。。。どこかで修理を。。。

・・・という悪夢ですw

以前、99レモンを買ったあと、たまにこの手の夢みてたんですよねw

私の夢の場合、ネックは折れないんです。

曲がるんです。ぐにゃっと。

森の中にある腐った木って、なんか柔らかいですよね。あの感触で曲がる。

どこかで折れたりはしないで、あの押すと沈み込む、柔らかい感触のままぐにゃ~~とネックが曲がるんですww

もう10年近く見てない夢だと思うのですが、昨晩、久しぶりにこの「ネックがぐにゃ曲がり夢」を見て、大変不愉快でした。。。

朝起きて、まずネックを確認しました。

良かった。なんともない。。。

ネックを強く握っても、指先がズブズブ入っていったりしない。
ぐにゃっと曲がらずにまっすぐになってる。

ああ、良かった。本当に良かった。

きっとギタ友の皆さんに聞くと、いろんなタイプの悪夢を見てそうで面白そうww

—–

コメント

タイトルとURLをコピーしました