evntide H9とStrymonのノイズ比較

スポンサーリンク

この記事は6年前の記事です。当時の情報、理解に基づいておりますのでご留意ください

Kemperにも、普通のアンプのようなセンド・リターンというのがありまして、たまたま使ってみようと思い立ち、エフェクターボードをつなげてみました。初めての試みです。

すると、、、どうもノイズが目立つ。

ノイズ源を探っていくと、どうも、Strymonの2台のようです。TIMELINEとBluesky Reverb。

意外です。てっきりStrymonはノイズ少ないかと思ってたのに、わりと盛大に出ています。

※ その後の検証で、ストライモン自体は超低ノイズなのがわかりました。KemperのループにARC-3のスイッチャーを介して接続したときのみノイズがひどい、という事がわかりました。詳しくはこちら。→ ノイズ検討②の記事

逆に、超ノイズレスなのが、Eventide H9。

というわけで、スイッチオン時にどれくらいノイズでてるか比較しました。

ここでは、目立つようにわざとレベルあげていますが、実際、結構でてます。

普通のアンプにつなげる場合、そもそもアンプのノイズが大きいので気づかなかったのですが、Kemperによってその辺が暴露されてしまいましたw

これは電源の問題だろうと思うので、ボード外からACでとってみたりしたのですが、あんまり変化無かったです。

そう考えるとeventideは優秀だなあ。

同じセッティングじゃないので、比較にはならないですが、Strymonとeventideでリバーブかけるとこんな感じ。


Strymonでは、やっぱりノイズ乗りますが、まあ、これくらいなら気にならない。音量が上がってくると無視できなくなってきます。

しかし、このノイズ、ちょっと出過ぎてる気がします。
電源とか、入出力のレベルとかも含めて、もうちょっと検証してみようと思います^^

—–

コメント

タイトルとURLをコピーしました