メトロノームがはちきれた

この記事は2年前の記事です。当時の情報、理解に基づいておりますのでご留意ください

最近、メトロノームをつかって、筋トレのようにクロマチック等の指強化練習をしています。

が、そんな私の猛練習にメトロノームが耐えきれなかったようだ。

今は もう 動かない。

そのメトロノーム。

どうやらゼンマイのバネがブチ切れた様子。

一応中を開けてみたのですが、バラすのは割と大変で断念した。

(元気にカチコチしてたありし日のメトロノーム氏)

おじいさんの時計は、子供の頃から一緒に時を刻んでたようなので、もう十分働いたよ、という感じですが、私のメトロノームはマジ1週間くらいしかもたなかった。

・・・まあ、

正確には自分が悪いのですが。。。

練習してたら動かなくなったので、ゼンマイをグリグリ巻いていたら、バキン!という音ともに、バネを回すハンドルが軽くなったのでした。

あ、いったな。。。と。

やはり1000円ちょっとのメトロノームには巻き過ぎ防止機構など搭載されていないのだった。

今時、スマホでもメトロノームとかあるし、高機能ですが、リアルメトロノームの方が音がうるさいというか抜けるので、リアル版のほうが好みなのです。

しかしもっとタフなやつじゃないとダメだな。

練習ガーッとしてて、巻き上げるのにそんなに丁寧な所作などとってらんない。

高級腕時計じゃないんだし。。。

というわけで、次は「巻き過ぎ防止機構」付きを条件に入れて書い直したいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました