剣道再開(リバ剣)の時の話

スポンサーリンク

最近、というかちょっと前からAmebaのマイページが改修されて、「XX年前のあんたはこんなの書いてたよ」と出ますよね。

あれ、なにげにピクっとくるものが多いのです。

あー、あったあった。

え、そんなこと書いたっけ。

みたいな感じで割と好きなんですが、今さっきでてきたのがこれ。

まさに剣道再開の時の記事!

おお、、、この面型のつけ方がそもそもあんまり良くなかったんだよな。。。とか今更思っています。後ろの折りまげる位置をもう少し上にするんだった。

まあ、そういう細かいことはともかくとして、読み返して、自ら書いてるのにすでに忘れてることとかあったw

そしてウケるのが、「怪我に気をつけます」とかいいつつ、その初回の稽古の最後の5分で肉離れになったということwww

この時は、身体重かった。

重いけど、おんなじように動かしてる、、、つもりなわけです。

当時、先生から、「足気をつけてよ。怪我するからね」と言われつつも、自分にはそんなの関係ねえとぶっちゃけ思ってましたww

後日、同じように相当長いブランクのありそうなリバ剣の方がきた時に思ったのです。

あー、これは怪我しそう、と。

これを続けてたら間違いなくどこかで怪我をすると見てて思ったのです。

その方は、中学時代に結構な戦績を残されてたそうで、うまいし強いんですが、でも!

でもでも、これは絶対怪我すると思いました。

体重が圧倒的に増えて、筋力は衰えている。

動き方を忘れてるわけじゃないから、そのように神経は命令するけど、実際その動きに現実の肉体はついていけてないって感じ。

多分、当時に自分もこんな感じの踏み込みだったに違いない。。。と思ったものです。

その方は怪我する前になんかフェードアウトしちゃったので、無事は無事だったのですが。

まあ、ともかく3年経ったんだなあ、と。復帰3年で4年目になるということですね。

中高6年+3年で、これで剣道歴9年か。

長いようなそうでもないような。

剣道に関しては、一緒にやってる次男がやめても今更自分が辞めるとも思えないし、身体が動くうちはずっと続けていきたいなと思っています。

若干後悔してるのは、復帰直後は段位に全く興味がなくて受験が面倒だという理由で申込書を無視したりするなどで1年以上棒に振ったことw

この歳になると1年の差が大きいからもったいなかったなあ、、、とは思ってますが、まあしょうがない。5段はいつだっけな。来年?再来年かな? 受験できるタイミングできちんと合格できるよう、ちゃんと稽古を積んでいきたいと思います^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました