人によって聞こえ方の変わる単語。「Yanny」「Laurel」問題

この記事は3年前の記事です。当時の情報、理解に基づいておりますのでご留意ください

移動中などによく聴いてるポッドキャストがあります。

「バイリンガルニュース」というやつで、これが面白いのです。いろんなニュースを、日本語と英語のミックスで語ってるやつです。

 

このMamiさんという方の喋り方と声に中毒性があってファンです^^

コメントのやりとりに感心するというか、賢いなーこの人、といつも思います。すごい今時っぽいギャル言葉、というかタメ口で鋭いことを言ったりするのが、超帰国子女っぽい。けど、そうじゃないらしいですね。

 

さて、そのバイリンガルニュースの2週間くらい前のやつで、面白かったのが「YannyLaurel問題」

Twitterで流行ったらしいのですが、人によって、同じ単語が全く違う言葉に聞こえるらしい。Twitterやってる人だと今更なのかな??

 

 

みなさん、下記の音声、何て聞こえるでしょう?

 

 

 

 

さあ、どうでしょう?

 

解説みちゃうとつまらないので、もうちょっと引っ張る。

 

 

・・・

 

 

 

・・・・・

 

 

 

 

・・・・・・・・

 

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・

 

 

こんなもんかな?w

 

 

ググると色々出てきますが、ざっというと、「高周波が聞こえやすい若い人だとヤニーに聞こえやすい」そうです。

Podcastの中では50万人くらい投票した結果、47%がヤニーで53%がローロルだったかな?ちょっと聴き直してないのでまちがってるかもだけど。

 

今ではもっと投票数のびてるかもですね^^

 

 

で、私は最初「ヤーニー」に聞こえました。どうやっても「ローロー」に聞こえるはずがないと思いました。

 

なんですが、今日、これ書きながら聞き直したら「ローロー」になってしまった。

 

 

バイリンガルニュースのMamiさんも言ってましたが、一回ローローになってしまったら、もうヤニーには戻れない。戻れない。。。

 

なんだこれw どうやってヤニーに聞こえたんだろう? 最初はヤニーとしか聞こえなかったのに、いまはどうがんばってもローローだ。

 

これのPodcastは貼り付けるとエラーになるので、公式サイトの方のリンクを。

 

バイリンガルニュースのサイト

 

 

このヤニーローロー問題は、5/24の回で、21:45くらいから話してます^^

マイケルがその中で、「ブレインストーム or グリーンニードル」というおんなじようなやつを出してるのでそっちも面白いかも。

 

私はどうやってもグリーンニードル。ブレインとグリーンは両方聞こえるけど、どうやってもストームには聞こえないw

 

—–

コメント

タイトルとURLをコピーしました