Strymon新製品でた! NIGHTSKY time-warped reverberator

ストライモン公式サイトから詳細でましたね!

やはり予想通りの超多機能変態リバーブでした!

「ナイトスカイ タイムワープリバーブ」ということで名前カコいい。

しかしもうこれ、ギター用エフェクターという範疇じゃないですね。そして公式ページ(下記URL)のタイトル絵が私の好きなインターステラーみたいでイカす。

NightSky - Time-Warped Reverberator - Reverb Pedal - Strymon
Makers of precision-crafted music electronics and effects pedals. We want to build products with no compromises. We want to push the limits of technology in mus...
Strymon NightSky – Audio Examples Demo

豊富なモジュレーション、シーケンサーも備えた超多機能リバーブです。方向性としてはこれまでEventideが得意としていた分野です。

上のオーディオサンプル動画、普通のリバーブ音がないww

普通のリバーブ音が聞いてみたいけど、きっとすぐに海外勢からレビュー動画が出てくるでしょう。変態サウンドよりオーソドックスなリバーブ音を聴きたいです。

さて、サウンプル聴いてると、設定によってはリバーブというかディレイのようにもなってますね。センスがあればめちゃくちゃかっこいいサウンドが作れそうです。

Strymon NightSky – Sequencer Examples Demo

シーケンサーデモの動画。似たサムネイルですが、違う動画です。

INFIITEボタンを押してキャプチャーした音をシーケンシングするところなどは、リバーブペダルという枠組み超えちゃってますね。グラニュラーシンセみたいな感じです。入力はギター音である必要を感じないです。人の声とか、何かが割れる音とか、なんか変わった音を入れていじってみたくなりますね。

入力もLINEとINSTレベル切り替えがありステレオであることからも、はなからギター用という枠組みも超えてます。

サウンドデザインツールって感じです。クリエイティビティを問われるペダルです!

従来のストライモン製品もステレオ入出力、LINE受けも可能でしたが、今回は切り替えスイッチがついてますね。より適正なレベルで受けられるように配慮してる感じがします。

もうこれ、アウトボードエフェクターですね。ギターのエフェクターボードに入れる、、、のも全然良いと思いますが、プロ・アマ問わずDTM・レコーディングのアウトボードで使用するサウンドシェイピングツールという印象をうけてしまいます。

いやー、すごい。ごついわ。

ギター用リバーブエフェクターとして捉えると、個人的にはそんなに惹かれませんが、自分で書いててはっと気付いたのですが、アウトボード、プラグインエフェクター的枠組みで考えるとちょっとそそられますね。。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました