ボードの組み替え

この記事は7年前の記事です。当時の情報、理解に基づいておりますのでご留意ください

ライブに向けてボードを一部変更しようと思い、本日作業しました。

変更が必要な理由は、

・贅沢なあのペダルを組み込む(でないと、別に持ち運びすることになるため)
・ソロブーストが必要なため

贅沢なあのペダルとはもちろんこれ。

写真撮って気づきましたが、右の方に大きな傷跡が。
歴戦の、、、というよりは扱いの雑さが伺われる。

これはあれです。こういうペダルです。

おもろいですよね。最高です^^

これ、重いしでかいので、ボードに入れてしまいたいのと、前段に歪みペダルが合った方が、いろいろごまかしやすいので、組み込みました。

もう、もうひとつは、ソロ等の音量アップのために、ブースターを入れたい。
まさしく、Sexdriveの出番ではないですか!!

ループ8が空いているので、そこにいそいそと組み込む。
こうすると、ディレイ→リバーブ→Sexdriveという順番になり、本当に最終の音量アップのためだけに使います。これはアンプのループにつながっています。

完成。

よし、かなり完璧。

というわけで、アンプにつなげて小音量でテスト。
とりあえず、素の状態では音がでた。

では、ということで、

音量アップ!
ぶぅすたぁああぉぉぉおおおおーーーん!

とSexdriveをONにした瞬間、静寂が訪れた。

ん。。。音が出ない。

接続を間違えたかと、見直す。
間違ってない。

すると、ケーブルがだめか。。。くそ、めんどくさい。

1本ずつ、間違いないケーブルにつなぎ変えて確かめる。

・・・あれ、全部ダメだ。

ギター→Sexdrive→アンプと直接つなぐ。

・・・あれ、、、、ダメだ。

うそ、、、壊れた

な、なんで??

さっき取り出したときに、なんか裏蓋のネジが緩んでたんですよね。何か関係があるのか。

おもわず、ネジが緩んでたので全部外して中身を撮影したのがいけなかったのか。それは許されない行為だったのだろうか??


※故障発覚前の写真です。見てもわからないので感想は特にない。

いや、たしかに、いっつもギターのソフトケースのポケットに無造作に突っ込んでましたよ。いろんなものと一緒に。

というか、エフェクター壊れたの初めてなんですけど。

うーん、困った。エクスタシーには、Mark Vとちがってソロボタンみたいな便利機能がないので、なんか欲しい。

・・・あ!
いいのがあるではないか。これの出番だ!


※ケーブルテストもかねてたのでへんちくりんな写真です

WMDのパラメトリックEQがあった。そうだこれだ!

この頃の動画って、iPhoneのビデオをそのまま使ってて、全体的に良くわからないのと、知識も演奏も耳も1年前なので、今でもアレなのにもっとアレなんですけどね。。。

ともかく、この子、ヒトクセありそうにみえて、意外と素直な人だったりします。EQいじらないで単にブーストだと、音色変化があんまり感じられませんでした。

EQをいじらなければ単に音量ブーストだし、マスターEQ的に使っても(意味があるかどうかはともかく)面白いではないですか、ということで俄然やる気になる。

そしてついに完成。

とりあえず動作チェックはOK。

それにしてもSexdriveの修理はどうすればいいのか。。。
すでにどこで買ったのかも全く思い出せません。保証書とか見つけられるのか。。。まあ、1年以上経過してますが。。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました