開かないし。

 

このアタッシュケース。

23だか24くらいの時に買った記憶があるのですが、30代ではほぼ使わないままだったのですが、昨年秋くらいから再び持ち出しています。

 

 

 

渋い。

我ながら渋い。

 

購入当初はピンク色っぽい綺麗な革の色だったのに、すっかり飴色に焼けてエイジドされています。

 

これ自体、木枠で作られてるので正直重いんですが、なんか渋くなってかっこよくなってきたのでここのところ使ってます。まあ、他のカバンがくたびれてきて、なんかだらしなくなってきたというのもある。

 

通常は、

 

・くたびれる → だらしなさUP、だささUP

 

というように、汚くなっていくことと好感度は反比例するのですが、こういうアタッシュケースについては、

 

・くたびれる → 渋さがUP

       → 物を大事に長く使う人という好感度UP

 

といういわば、くたびれと好感度が正比例する方程式になってるようなので、扱いがぞんざいな私には向いている。

 

Tシャツは反比例アイテムだとおもうけど、ジーンズは正比例アイテムですね^^

よれよれで伸びまくって、穴空いてたりシミのついたTシャツなどは、どうやってもかっこよくない気がするし、あんまそんなのはみたことがない。一方でボロいジーンズは、かっこいいので不思議だ。

 

 

話がそれましたw

 

 

で、昨日、夜遅く2時過ぎにタクシーで帰宅したのですが、お会計時にこのカバンが開かない。

 

え?

 

ついさっきまで問題なかったのに。なぜ?どうして?

 

それよりも。

 

ダイヤルロック、、、

 

何番だっけ。。。

 

 

ここで、しっかり現状の番号を見ておくべきだったのですが、お酒入ってたし、なんか適当にこの番号だろうと思うやつにガチャガチャ合わせる。

 

 

あかない。

 

 

とりあえずタクシーはケータイのSUICAを急遽チャージして払ったので事なきを得ました。

 

 

 

というわけで、今日は朝からがちゃがちゃやってました。

財布も入ってるし、このロック解除ミッションをクリアしないと仕事にも行けない。

 

 

 

だいたい、3桁の数字なんて、自分にゆかりのあるものしか選ばないと思うんですよ。

真に適当な数字なんて、そうそうこういうものに設定できるものではない。

 

そう、たかをくくっていた私は、思い当たる数字、設定する可能性のある数字をためしてみるも全然ダメ。

 

やばい。

 

これは総当たりか。。。

 

 

そして総当たり一回め。

全然あかない。

 

なんで??

 

やっぱ微妙にずれたりするからか?

 

ネットで「アタッシュケース ロック 解錠」とかで検索したりして、ノウハウや動画やらをみる。

 

いろいろためす。

 

 

・・・

 

 

まあ結論から言うと、総当たり2回めをやってあきました。

 

本来、家を出る時間を1時間半以上オーバーしましたwww

 

 

で、正解の番号がですね、、、

 

 

これが一切何の関係もないと思われる数字なんですね。。。

 

 

 

やるなあ。自分。

全く自分に関係ない数字を設定できるとは。

 

ひょっとしたら、数字を設定するやつを何かの拍子でいじって変わってしまっただけ、、、なのかもしれませんが。

 

とにかく、朝からめんどくさかった、という話でした^^

 

 

 

 

 

—–

コメント

タイトルとURLをコピーしました