稽古21回目

この日は元立ちの先生が少なく、お互い同士の稽古もたくさんやれる日でした。

相手からのプレッシャーを受けた時に、左膝、あるいは右膝を曲げて逃すようなクセがあることに気づいたので、これをやめようという意識で稽古していました。

膝を曲げてしまうと、次に自分の技を出す際に遅れてしまうのが、試合映像を見てよくわかりました。そこのロスをなくせればかなりいいんじゃないか、、、と思ってますので、ここは本当に真剣に意識して一刻も早く直したいものです。

一方、今日の稽古ですこし見えかけたものがあります。

五段審査前後、自分から攻めて打つ。できれば飛び込み面を。という意識で稽古しているのですが、自分の攻めが効いているかどうか、今ひとつわかってないところがありました。

ただ、このところなんとなく掴みかけていたような感覚があり、この21回目の稽古で、あ、そういうこと?!みたいな気づきがあったのです。

いや、これ改めて文字に起こすと普通すぎて書けないくらいの感じなのですが、結局、今までって自分が打てる間合いに入った後はタイミングで打ってたんだな、というのがわかってきたような気がします。

なんというか、上達するに従って、間合いの解像度、打突の機会の解像度が高まってきた感じがあります。

ここは稽古のしどころ、、、という感じがしているのですが、今日の朝はすごく身体が重く、ちょっと稽古いくのは無理かも、、、とおもって休んでしましましたw  体調悪いとかではないんですが、なんか疲れが溜まってる感じ。F1予選みて寝不足ってのが大きそうですけども。

コメント

タイトルとURLをコピーしました