フェンダーのアンプ

 

フェンダーのアンプってスタジオにあってもあんまり使ったことないです。

 

なんですが、友人のデラリバとかを割合頻繁に使う機会があって、ああ、やっぱいいな、とまあこう思っていたわけです。

ただ、でかいし重い。

 

 

フェンダーのアンプをもし買うなら、もっと小さいやつがいいな、、、とずっと思ってました。

チャンプだと小さ過ぎてすぐブレイクアップしてしまうので、もうちょいクリーンがクリーンとして出やすいやつ。

 

で、リバーブとか揺れものがついてるやつのほうが良い、、、ということで、プリンストンリバーブがドンピシャで、昔から薄く緩く、いつか欲しいなー、とか思ってました。

 

 

 

 

そのいつか、、、は今日であった。

 

 

 

 

65モデルで外装がお洒落なやつ。

 

68と65の違いは、youtubeで山ほど動画が見つかるのですが、総じて68は65と比べるとダークなサウンドですね。

 

なので65(ブラックパネル)がいいなと思ってたところ、このなんかお洒落な外装のやつをみつけ、しかも、、、

 

 

グリーンバック搭載。

 

まあ、こう言うアンプにグリーンバックがあうのかどうか知りませんが、歪ませたときにグリーンバックだとギザギザするからかっこいいかな、、くらいの感じです。

 

スピーカーはいろいろ交換してみたい欲はありますね。その時はマーラさんにやってもらおう、と勝手に思っとります。

 

 

 

というわけで、唐突にフェンダーアンプゲット。

 

マーシャルも音の録音するするといっててやってないので、今度こそやる。

うまくはないけど、ルーパー遊びを練習でずっとしてるので、そういうのでさくっとやってみようとおもいます。

 

—–

コメント

タイトルとURLをコピーしました