アコギ録音はやはりむずい。

私の好きなギターYoutuberのPaul Davidsさん。最新動画でいいのがありました。

BEAUTIFUL 'EMOTIONAL' CHORDS! (everyone should know)

おお、、、いいですね。

早速、真似します。楽しい。いかにもメロディーがのりそうな美しい響きです。早速録音してルーパー遊びをしていました。

せっかくなのでちゃんと録音してみる

例によって録音してみると弾けてないのがよくわかる。

ほんと、録音にまさる練習なし。

そして色々音を重ねていくと、一本のギターだとつまらなくなってきたので、一部アコギにしてみました。

アコギは単なるコード弾きですら、録音にすると粒が揃わなかったり上手く鳴らなかったりでほんと難しいですね。。。

今日1日やってましたが、まだいまいちです。

ただまあデモ曲っぽくはなったので明日には仕上げてアップしたいです。

Ableton Liveで仕上げたいのだけど苦戦

Abelton Liveは非常に便利で使ってるのですが、いわばスケッチにしか使ってないです。アレンジメントビューで1曲仕上げるということは多分ほとんどやってない。これまでにブログ用のデモで1回か2回やったことがあるかないか、くらいだと思います。

というのも、アレンジメントビューの操作がわからない。。。

Logicに慣れすぎていて、そもそもソングポジションの動かし方すらわからん。

1小節前にソングポジションを戻したいのですが、それすらわからないという。。。

やっていくうちに、コードの進行変えたくなりました。いろいろ下準備(ノイズ除去とかの処理)もやっちゃったので、弾き直しは面倒だったので切り貼りで対処しようとおもいました。

で、リージョン(と言わないのか、Liveの場合)をソングポジションで分割したいのですが、それすらやり方がわからない。。。

この辺で萎えて、オーディオ書き出してLogicに持っていこうと思いましたが、ぐっと我慢。

とにかくなんどか完成まで持っていかなくては使い方など覚えないだろう。セッションビューONLYで、使用方法としても単なる高機能ルーパーとしてのみ使うのはあまりにもったいない。

相変わらずPUSH2は最高

やはりPUSH2とLIVEの相性はすごい。もちろんマウスとキーボードでサッとやった方が早いこともありますが、LIVEって文字小さいんですよ。。。

老眼が進みつつあり、かつ、新しいデスクで画面との距離が離れた今、プラグインいじるのはPUSH2のほうがやりやすい。しかも上の写真のように単なるパラメータだけでなく、ビジュアル情報も出てくるとなるとなおさら良い。

アコギを綺麗に録音したい

機材の話、、、というよりは、演奏の話です。

録音したの聞いてみると、あれ、こんなに不揃いなのか、、、と凹みます。

エレキは最近、だいぶ、弾いた時のイメージと録音のイメージに差が少なくなってきました。

アコギはまだ差がでかい。

あれ、こんなにストロークのリズム、ブレてる??となりますw それにちゃんと音が響いてないコードも多い。弾いてる時はあんまりわかりません。。。

まあ、、、練習してないからな。。。もっと練習しよう。そしてアコギを綺麗に録音してみたい。とりあえず明日アップする予定のデモにおいてもアコギは入っていますが、正直、今ひとつです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました